■今月の注目タイトル

開催地 G タイトル
11/1 丸亀 G1 京極賞
11/9 福岡 G1 福岡チャンピオンカップ
11/10 蒲郡 G1 オールジャパン竹島特別
11/19 桐生 SG チャレンジカップ
11/19 桐生 G2 レディースチャレンジカップ
11/28 平和島 PG1 BBCトーナメント

三国競艇:2019年PG1ヤングダービーの当たる予想や詳細

PG1
スマートフォンで閲覧している方は画面を横にすると記事中の表が見やすくなります。

30歳未満の若きレーサーだけで行われるプレミアムグレード1のヤングダービー。

出場選手や出場条件、予想を当てるための有力情報などをお伝えしていきます!

三国競艇:PG1ヤングダービーの予想

開催地 ボートレース三国(福井県)
日程 2019年9月18日(水)~9月23日(月)
開門 9時30分(初日9時)
タイトル 第6回ヤングダービー
優勝賞金 1100万円※
場コード 10#
概要 全6日間(予選4日間)

※2019年4月に各グレード競走の賞金が見直され、2018年まで1000万円だった優勝賞金が1100万円(副賞金含む)に改定されました。

2019年3つ目のPG1はヤングダービーです。

開催タイトル優勝賞金
4月マスターズチャンピオン1100万円
8月レディースチャンピオン1100万円
9月ヤングダービー1100万円
11月バトルチャンピオントーナメント1100万円
12月クイーンズクライマックス1500万円

年間で5タイトル行われるPG1ですがヤングダービーがちょうど折返し地点となります。

今回で第6回目と歴史が浅い印象を受けますが元々は新鋭王座決定戦という名称で開催されていました。

2014年から若手レーサーの育成を目的として出場条件など変更してリニューアルし、ヤングダービーの名前で生まれ変わったため、まだ回数が浅いということになります。

日程・進行

優勝選手の決定方法ですが他のSGやG1と同様、まずは出場選手(52名)で4日目まで予選を行います。

予選では着順に応じた得点が付与されます。

得点表1着2着3着4着5着6着失格
予選10864210
ドリーム戦121097650

・待機行動違反・不良航法-7点

・失格・自責転覆-5点

・他責失格0点

4日目終了段階で合計得点を出走数で割り、得点出を算出して上位18名の選手が5日目の準優勝戦へと進みます。

予選では得点率の順位が高ければ高いほど、準優勝戦で良枠を得ることができます。

準優勝戦 A B C
1 1位 2位 3位
2 6位 5位 4位
3 7位 8位 9位
4 10位~12位
5 13位~15位
6 16位~18位

準優勝戦で2着までに入った選手最終日6日目の優勝戦へと出場することができます。

優勝戦での枠順は準優勝戦での結果を基に決められます。

優勝戦 準優勝戦結果
1 A 1位
2 B 1位
3 C 1位
4 A 2位
5 B 2位
6 C 2位

すべては予選にかかっているということになります!

初日 ドリーム戦(第12R)
5日目 準優勝戦(第10~12R)
最終日 優勝戦(第12R)

出場条件

ヤングダービーというだけあって、制限されているのは年齢だけと思いきや実際には違います。

ヤングダービーの出場資格はまず開催される年の9月1日の時点で30歳未満であることが絶対条件です。

ギリギリで誕生日を迎えてしまい、30歳になってしまうとヤングダービーへの出場資格は剥奪されます。

年齢制限の他には優先出場権が与えられています。

前年度優勝者 関浩哉

去年の大会の第5回開催において逃げ切り優勝をした4851関浩哉選手が優先出場権を獲得しています。

2018年ヤングダービー優勝は驚きの関浩哉選手23歳
公営競技は最後までなにがあるか分かりません。 2018年のヤングダービーもまた、例外ではなかったようです。 関浩哉 競艇初優勝はPG1ヤングダービー 一般戦への優出(優勝戦出場)は7回。 グレード(G3など)で優勝戦...

関浩哉は去年、23歳で優勝したので来年・再来年…と長きに渡ってヤングダービーに出場できるチャンスがあります。

イースタン・ウェスタンヤング優勝選手

ヤングダービーのトライアルレース(前哨戦)として開催されたイースタン・ウェスタンヤングそれぞれの優勝選手優先的にヤングダービーに出場することができます

■イースタンヤング優勝選手

木下翔太(28歳・大阪支部)

 

■ウェスタンヤング優勝選手

中村晃朋(27歳・香川支部)

上記2名の選手がヤングダービー優先出場権利を獲得しました。

選考期間内における勝率が高い選手

2018年7月1日~2019年6月30日までを選考期間として勝率が高い選手がヤングダービーに出場することができます。

SGやG1といったレースでは選手のグレードがA1階級であることが絶対条件であることにたいしてヤングダービーでは若手の選手を育てる目的としているため、勝率が高ければA2階級以下の選手でも出場することができます

過去にはB2選手(2017年渡邉和将選手)が出場していたこともありました。

選出除外選手は出場不可能

選考期間において特定条件を満たしていない場合や事故率が高い選手は出場することができません。

フライング休みがヤングダービーと重なる選手

・出走回数140回未満の選手(優先出場戦選手は除外)

・選考期間内の事故率が0.40以上の選手

・前哨戦のイースタン・ウェスタンヤングの優勝戦でスタート事故を起こした選手

・出産や怪我などで出場を辞退する選手(家事都合)

 

2019年出場選手

2019年ヤングダービーに出場する選手の一覧です。

順…あっせん決定時の勝率順位

2連…2連対率、すなわち2着以内の入着率

3連…3連対率、すなわち3着以内の入着率

優出…優勝戦出場回数

ST…平均スタートタイミング

成績期間:2019年5月1日~8月18日

登番 選手名 支部 勝率 2連 3連 優出 ST
1 4719 上條  暢嵩 A1 大阪 6.67 49% 67% 4 0.14
2 4586 磯部   誠 A1 愛知 7.84 71% 82% 6 0.13
3 4659 木下  翔太 A1 大阪 7.66 62% 75% 4 0.15
4 4682 大上  卓人 A1 広島 6.74 48% 65% 3 0.13
5 4885 大山  千広 A1 福岡 7.56 57% 74% 6 0.12
6 4816 村松  修二 A1 広島 6.22 45% 60% 1 0.13
7 4537 渡邉  和将 A1 岡山 7.84 68% 87% 5 0.13
8 4734 安河内  将 A1 佐賀 7.51 57% 73% 7 0.14
9 4772 石丸  海渡 A1 香川 6.30 48% 64% 3 0.14
10 4686 丸野  一樹 A1 滋賀 7.59 57% 78% 7 0.14
11 4688 永井  彪也 A1 東京 6.38 44% 63% 3 0.15
12 4685 島村  隆幸 A1 徳島 6.79 49% 68% 5 0.14
13 4584 村岡  賢人 A1 岡山 5.24 32% 50% 0 0.14
14 4611 今井  美亜 A1 福井 6.47 48% 67% 4 0.15
15 4737 竹井  貴史 A1 福岡 6.52 53% 66% 1 0.15
16 4760 山崎   郡 A1 大阪 6.83 57% 71% 5 0.16
17 4796 春園  功太 A2 三重 7.03 55% 72% 5 0.13
18 4643 近江  翔吾 A1 香川 7.10 51% 73% 4 0.15
19 4831 羽野  直也 A1 福岡 6.34 39% 54% 2 0.14
20 4759 今泉  友吾 A1 東京 7.25 54% 81% 6 0.18
21 4812 西野  雄貴 A1 徳島 6.48 47% 63% 2 0.13
22 4851 関   浩哉 A2 群馬 6.92 54% 68% 5 0.15
23 4739 中村  晃朋 A2 香川 6.61 45% 66% 3 0.13
24 4559 西川  昌希 A1 三重 6.18 49% 69% 2 0.17
25 4914 吉田  裕平 A1 愛知 6.24 51% 67% 2 0.16
26 4776 竹田  和哉 A2 香川 6.50 47% 70% 3 0.16
27 4939 宮之原 輝紀 A2 東京 6.28 44% 68% 2 0.18
28 4856 豊田 健士郎 A1 三重 5.47 29% 52% 1 0.15
29 4828 松山  将吾 A2 滋賀 5.78 41% 59% 2 0.19
30 4804 高田 ひかる A2 三重 6.56 53% 69% 1 0.18
31 4608 荒井  翔伍 A2 東京 6.20 43% 65% 2 0.17
32 4539 金子  賢志 A2 群馬 5.83 41% 60% 1 0.15
33 4736 高倉  和士 A2 福岡 6.05 41% 57% 2 0.15
34 4847 佐藤 隆太郎 A2 東京 6.66 54% 69% 2 0.14
35 4535 北山  康介 A1 東京 6.33 48% 65% 3 0.15
36 4762 藤原 啓史朗 A1 岡山 6.21 47% 67% 0 0.13
37 4743 木村  仁紀 A2 滋賀 5.91 42% 58% 1 0.15
38 4852 川原  祐明 A2 香川 6.35 47% 71% 2 0.15
39 4933 板橋  侑我 A2 静岡 5.80 39% 56% 0 0.14
40 4802 中田  達也 A2 福岡 6.21 40% 64% 2 0.16
41 4590 渡邉  優美 A2 福岡 6.05 39% 64% 2 0.16
42 4826 井上  一輝 A2 大阪 6.69 58% 69% 2 0.15
43 4561 藤山  翔大 A2 大阪 5.65 39% 54% 2 0.19
44 4514 上條  嘉嗣 A2 大阪 6.16 41% 61% 3 0.18
45 4769 馬場   剛 A2 東京 5.96 41% 58% 1 0.12
46 4798 浜先  真範 A2 広島 5.62 33% 53% 0 0.16
47 4850 野中  一平 B1 愛知 6.05 36% 62% 2 0.13
48 4710 福田  宗平 A2 大阪 5.13 28% 51% 0 0.17
49 4713 白神   優 A2 岡山 6.21 47% 60% 1 0.15
50 4983 前田  篤哉 A2 愛知 5.96 43% 62% 3 0.16
51 4927 関野   文 A2 大阪 4.82 29% 43% 1 0.17
52 4817 渡邉   翼 A2 山口 6.09 44% 57% 1 0.13

赤字の登番は優先出場を表します。

出場除外選手

次の選手はスタート事故による辞退期間に該当するため、出場条件をクリアしていても選出から除外されます。

登番 選手 支部 勝率 事故率 備考
4848 仲谷  颯仁 福岡 6.67 0.26
4589 塩崎  桐加 三重 6.64 0.3
4715 村上   遼 長崎 6.23 0.39
4903 吉田 凌太朗 愛知 6.12 0.4 事故率0.40以上
4886 入海   馨 岡山 5.79 0.43 事故率0.40以上
4839 四宮  与寛 徳島 5.51 0.31

また、選考期間における出場回数が140回に満たなかった喜井 つかさ(101回、事故率も0.4以上)や家事都合による辞退期間中の中村  桃佳(出走回数98回、事故率0.4以上)と小池  礼乃も出場が見送られます。

ヤングダービー過去優勝選手

過去に優勝した選手をチェックしておきましょう。

ヤングダービーの前身であった新鋭王座決定戦の直近優勝選手も記載しています。

ヤングダービーの出場資格は30歳未満のため、新鋭王座決定戦で優勝したことがある選手でヤングダービーに出場する選手はいません。

茅原悠紀 32歳

篠崎仁志 31歳

開催年 タイトル タイトル 優勝者 決まり手
2008年 丸亀 G1共同通信社杯第22回新鋭王座決定戦競走 山口剛 逃げ
2009年 びわこ G1第23回新鋭王座決定戦 松下一也 まくり差し
2010年 浜名湖 G1共同通信社杯 第24回新鋭王座決定戦 毒島誠 抜き
2011年 宮島 G1共同通信社杯第25回新鋭王座決定戦 山田哲也 差し
2012年 芦屋 G1共同通信社杯第26回新鋭王座決定戦 松尾昂明 まくり
2012年 徳山 共同通信社杯 第27回G1新鋭王座決定戦 茅原悠紀 恵まれ
2013年 桐生 G1第28回新鋭王座決定戦 篠崎仁志 逃げ
2014年 戸田 第1回ヤングダービー 桐生順平 恵まれ
2015年 尼崎 第2回ヤングダービー 松田祐季 逃げ
2016年 常滑 第3回ヤングダービー 松田大志郎 逃げ
2016年 蒲郡 第4回ヤングダービー 中田竜太 逃げ
2016年 浜名湖 第5回ヤングダービー 関浩哉 逃げ

過去優勝選手で2019年も出場する選手は関浩哉のみです。

ヤングダービーはこの選手で予想を当てろ!

各項目のトップ5で予想に入れると当たりやすい選手を紹介します。

順位 勝率 2連率 3連率 平均ST 優出
1位 渡邉和将 磯部誠 渡邉和将 大山千広 丸野一樹
2位 磯部誠 渡邉和将 磯部誠 馬場剛 安河内将
3位 木下翔太 木下翔太 今泉友吾 渡邉和将 大山千広
4位 大山千広 井上一輝 丸野一樹 磯部誠 磯部誠
5位 安河内将 安河内将 木下翔太 春園功太 今泉友吾

特に渡邉和将磯部誠が直近で好成績を残しているため、しっかりと予想に入れるようにしましょう。

ボートレース三国の水面特徴

選手の間でも水面は堅い感じがして走りづらいといった声が挙がるほどです。

それもそのはず、年間を通して幅広い決まり手が発生するので展開も読みにくくなります。

インコースが主導権を握る点については他の競艇場と変わりませんが他のコースの1着率が高い点が予想を更に難しくさせます。

ヤングダービーでは万舟券狙いも有効かと思われます!

堅い予想ばかりでトリガミするよりもたまには穴を狙うようにしましょう。

準優勝/優勝戦でのフライングは厳しい罰則

優勝戦でフライングをした選手は6ヶ月間G3~PG1へのレースに出場することができません。

準優勝戦でフライングをシた選手は3ヶ月間G3~PG1へのレースに出場することができません。

どうしてフライングや出遅れといったスタート事故でここまで厳しい罰則があるのかというと、フライングをした艇に関係する舟券はすべて払い戻しとなるためです。

準優勝戦や優勝戦では売上も桁違いに高くなるため、フライングをされて一番困るのは主催者です。

主催者は売上の25%を人件費や賞金や給料などに回しているため、これが入ってこなくなると経営にも響いてきます。

ちなみにヤングダービー第1回では優勝戦において1号艇峰竜太・2号艇渡辺雄一郎・5号艇土屋智則の3選手がフライングをするという珍事もありました。

ボートレース三国 概要

水面はプールのため淡水。このコースは硬い感じがして走りづらいと選手間で言われいる。。スタートラインに対して追い風が吹く傾向がある。本州では日本海側唯一の競艇場。

・モーター  → 減音

・水質  → 淡水

・干満差  → なし

・レコード  → 1.43.3 徳増 秀樹 2004/10/24

所在地 〒913-0001 福井県坂井市三国町池上80-1
電話番号 0776-77-3131
交通・ アクセス ・JR芦原温泉駅からタクシーで10分
・北陸自動車道、金津インターより車で15分
・無料バス JR芦原温泉駅から(えち鉄あわら湯のまち駅経由)15分
WEB サイト http://www.mikuni.gr.jp/

 

【三国競艇】2019年PG1ヤングダービー関連リンク

開催概要・出場選手

予想が当たるモーター

イベント・ファンサービス

ドリーム戦予想

前夜祭情報※終了

第1回ヤングダービー返還事件

ボートレースで負けたくない場合

ボートレースは競馬と違い、たった6艇の中から予想をするだけなのに当たりにくいですよね。

そもそも競艇で高額配当は簡単に当てられるものなのでしょうか。

全レースで1号艇を予想し続ければ勝てそうですが、

インが最も強い徳山競艇場で実証した結果は回収率は92%に留まりマイナス収支となりました。


【検証】1号艇ばかり予想し続けた結果


しかし競艇で食いつないでいる人がいることも事実です。


そんな人達がどうやって競艇で勝ち続けているのか判明しました


一般人には不可能な膨大なデータの準備が必要だった!

初心者でもベテランでも誰でも簡単に勝つことができる方法なのでかなりオススメできます。

本当に勝ちたい人は上記のリンクをクリックして勝利のヒントをご覧ください。

完全無料でメールアドレスと軍資金さえあればプラス収支にできる方法です。


 

無料勝てる競艇予想サイトランキングはこちらからどうぞ!
↓ ↓ ↓

PG1
このページを教える
当たる優良競艇予想サイトランキング

コメント

2019年2月に一番当たったサイト

前月の無料予想的中ランキング

SPEED

無料予想が見れるだけではなく、今なら期間限定で無料ポイントが更に1万円がもらえる勝つにはもってこいのサイト。オッズや舟券種類を分析し、当たることよりも回収することを大前提に当たる競艇予想を提供してくれる。過去の膨大な競走結果データやスタート展示情報を保有し、どこよりも当たる、そして勝てる予想を提供してくれる。

黒舟

期間限定で初回登録者のみに30万円勝てる予想をプレゼント。現地にスタッフを配備する徹底ぶりで、ボートレース初心者でも高い回収率を掴むことができる。特に一般戦の無料予想でコツコツ収支をプラスにしていく戦法がオススメ。

ブルーオーシャン

使えば大半の人が満足できる結果になるであろうブルーオーシャンは当サイトも認定するほどの優良競艇予想サイト。

堅い予想の的中率が高いことは驚くことではないが万舟券狙いの穴予想にも目を光らせているため一攫千金が狙えます。玄人・素人ともにオススメしたい競艇予想サイト。

舟王(ふなおう)

SG・G1といった高いグレードのレースの的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いて予想していることが素人目にしてわかる。3連単にこだわり、1点買い3千円投資で52,500円回収などの買い目を無料で教えてくれます。