競艇の賞金金額はいくら?SGや企業杯、一般戦まで調査!

競艇の基礎・豆知識

競艇の控除率25%ということは以前記事にも書きましたがここから選手への賞金も支払われています。

競艇の控除率は25%。収支が75%を切っている人は負け組
競艇は慈善事業ではなく、国で認められている公営ギャンブルです。 ギャンブルにおいては誰もが勝ちたいと思っているのは当然です。 しかし大多数の人は競艇で負けているのが現実ではないでしょうか? ボートレースの控除率は25%...

100円の舟券を購入した場合、そのうちの75円は払い戻しに使用し、残った25円を広告費やファンサービスなどの運営費や地方公共団体金融機構などへの納付、そして選手の賞金に使われます。

この記事ではSGやG1の賞金はもちろんのこと、あまり触れられることのない一般戦や企業杯などの賞金についても細かく記載していきます。

[まとめ]競艇の賞金 SG/G1/G2/G3/一般戦

競艇は1つのタイトルで4~6日間開催し、優勝選手を決定する仕組みです。

この1つの節を1節と言います。

1節は一般戦を除くとほとんどが6日間で固定されています。

初日から4日目までで予選を行い、5日目で準優勝戦6日目で優勝戦の流れになります。

優勝戦で1着になった選手に優勝賞金が贈られるのですがこの賞金によってSGグランプリへの出場が決定されます。

賞金はグレードによって異なり、グレードが高くなればなるほど賞金も比例して高い金額になってきます。

グレード開催数優勝賞金
SG91600万~1億
PG15405万以上
G1※30400万以上
G2※8400万以上
G3※50100万以上
一般戦毎日71万以上

※年によって開催数が若干異なります。

優勝賞金はグレードによって固定されているものではなく、各タイトルによって異なってきます。

SGの賞金

SGはスペシャルグレードの略で競艇界では最上位レベルのグレードとなっています。

出場できる選手はA1級のほんの一握りだけで、年末のグランプリへの出場はSGで優勝できればほぼ確実といった具合になっています。

開催タイトル優勝賞金
3月ボートレース クラシック3500万円
5月ボートレース オールスター3500万円
6月グランドチャンピオン2700万円
7月オーシャンカップ2700万円
8月ボートレース メモリアル3500万円
10月ボートレース ダービー3500万円
11月チャレンジカップ2700万円
12月グランプリシリーズ戦1600万円
12月ボートレースグランプリ1億円

グランプリだけ優勝賞金は別格ですが他は軒並み3000万円前後といったところ。

グランプリシリーズ戦はグランプリと同開催地で同時進行されるタイトルでグランプリの優勝賞金が高いこともあり1600万円とされています。

グランプリ優勝戦賞金
1着 1億円
2着 4,500万円
3着 3,100万円
4着 2,200万円
5着 1,900万円
6着 1,600万円

SGにはトップクラスの選手しか出場できないため、売上金も非常に高くなっています。

PG1の賞金

プレミアムグレード1、略してPG1(ピージーワン)ですが優勝賞金は一律で1000万円となっています。

PG1とはG1よりもグレードの高いプレミアムグレード1
PG1はSGに次ぐ階級の高いレース 競艇ではレースごとにクラスによって階級が分けられるグレード制が採用されています。 出場するレースに制限があるB2階級選手が多い【一般戦】をはじめとして、G1/G2/G3に加えてSG(スペシャルグレ...
開催タイトル優勝賞金
4月マスターズチャンピオン1000万円
8月レディースチャンピオン1000万円
9月ヤングダービー1000万円
11月バトルチャンピオントーナメント2019年~
12月クイーンズクライマックス1000万円

G1に括られることもありますがレース内容はSG寄りのG1といったところでしょうか。

昔は全国発売G1と呼ばれていましたがこれは一般戦やG3などのレースにおいては全国の競艇場や場外舟券売場で購入できなかったことからそのように呼ばれていました。

SGや全国発売G1は全国のどこの舟券売場からも購入が可能となっています。

逆をいえば全国発売されないタイトルは電話投票やインターネット投票からは購入することができません。

G1の賞金

必ず全国24の競艇場で約1年に1度周年記念競走が開催されていますがそれらのタイトルもG1に属しています。

開催タイトル優勝賞金
全国周年記念競走900万円
不定期ダイヤモンドカップ800万円
10月高松宮記念800万円
1月地区選手権450万円

地区選手権は毎年2月に全国6つのエリアに分かれて行われることもあり、賞金額は低く設定されていますが全てを合わせると2,700万円にも登ります。

 

関東地区選手権

東海地区選手権

近畿地区選手権

四国地区選手権

中国地区選手権

九州地区選手権

G1周年記念競走一覧

赤城雷神杯(桐生)

戸田プリムローズ(戸田)

江戸川大賞(江戸川)

トーキョー・ベイ・カップ(平和島)

ウェイキーカップ(多摩川)

浜名湖賞(浜名湖)

オールジャパン竹島特別(蒲郡)

トコタンキング決定戦(常滑)

つつじ賞王座決定戦(津)

北陸艇王決戦(三国)

びわこ大賞(びわこ)

太閤賞(住之江)

尼崎センプルカップ(尼崎)

大渦大賞(鳴門)

京極賞(丸亀)

児島キングカップ(児島)

宮島チャンピオンカップ(宮島)

徳山クラウン争奪戦(徳山)

競帝王決定戦(下関)

全日本覇者決定戦(若松)

全日本王座決定戦(芦屋)

福岡チャンピオンカップ(福岡)

全日本王者決定戦(唐津)

海の王者決定戦(大村)

G2の賞金

開催タイトル優勝賞金
2月レディースオールスター400万円
7月ボートレース甲子園-
1月モーターボート誕生祭400万円
不定期秩父宮妃記念杯400万円
不定期モーターボート大賞400万円

優勝賞金はほぼ400万円で固定されています。

出場選手はレディースオールスターを除いてA級選手のみでレベルの高い競走を見ることができます。

分類が偏っていて”G3であるべき”や”G1でもいいだろ”といった再編成の必要性がよく挙げられます。

G3の賞金

過去には新鋭リーグ競走やモーターボート大賞トライアル競走もG3にありました。

開催タイトル優勝賞金
不定期オールレディース100万円以上
7月マスターズリーグ100万円
各場1度企業杯100万円以上
7月イースタンヤング100万円以上
7月ウエスタンヤング100万円以上

G3はよく目にするオールレディース(女子戦)や企業杯があります。

優勝賞金は100万円以上ですがバラバラですが企業杯ではスポンサー企業の賞品も贈呈されることがほとんどです。

全国の企業杯一覧

桐生:サッポロビールカップ

戸田:毎回変動

江戸川:アサヒビールカップ

平和島:キリンカップ

多摩川:サントリーカップ

浜名湖:SUZUKIスピードカップ・中日カップ

蒲郡:KIRIN CUP・中日カップ・名鉄バス杯・愛知バス杯

常滑:INAX杯とこなめ大賞・中日カップ

津:マキシーカップ(三重交通)

三国:スズキ・カープラザカップ

びわこ:キリンカップ

住之江:アサヒビールカップ

尼崎:FM OSAKA杯

鳴門:オロナミンCカップ

丸亀:JR四国ワープ杯

児島:シモデンカップ

宮島:毎回変動

徳山:大塚SOYJOYカップ

下関:サンデン交通杯

若松:JR九州ビートル杯

芦屋:アサヒビールカップ

福岡:福岡ソフトバンクホークス杯

唐津:酒の聚楽太閤杯

大村:アサヒビール杯

一般戦の賞金

開催タイトル優勝賞金
通年-71万円以上

全国どこかしらの競艇場で365日必ず開催されているのがこの一般戦です。

デビューしたばかりのB2新人選手から最高峰A1級選手まですべての級別選手が出場します。

開催期間は3日間~7日間と変動的で新人選手は一般戦の6号艇でデビューすることがほとんどです。

スポーツ新聞や放送局などのタイトル戦

ゴールデンウィーク・お盆・年末年始のレース

ダブル優勝戦(東西や男女、AB級等)

ヴィーナスシリーズ

タイトルが付けられていない一般戦

ファン感謝3days ボートレースバトルトーナメント(3日間開催)

優勝賞金に含まれる副賞とは

高いグレードのレースにはほとんど日本財団会長賞副賞が含まれています。

日本財団とはどんな組織なのかを調べてみました。

日本財団の会長は笹川陽平氏で父は笹川良一氏で三男として生まれました。

笹川という名前にピンときた人もいるはずですが、笹川良一氏は競艇の生みの親として知られています。

SG笹川賞(現ボートレースオールスター)もこの笹川良一氏の名前からきています。

日本財団と競艇の関係値はズブズブだと思う人もいるかもしれません。

しかし笹川良一氏のWikipediaにはこんな記述もありました。

生前の「世の為、人の為になる事に全財産を使ってしまふ考へでゐる[23]」という言葉どおり資産の多くを社会事業につぎ込んで、笹川は1995年(平成7年)7月18日、聖路加国際病院で急性心不全のため死去。享年96。税務署査定による遺産総額は約53億4千万円、ただしほとんどが自宅、山林、非上場会社の株など、換金しづらいものばかりであり、換金できそうな美術品などの類は偽物が多かったと言われている。これに対して借入金は約37億5千万円、差し引きすると遺産は約15億9千万円。その相続税は約7億5千万円にのぼり、長男と次男は相続を放棄。唯一財産を相続した三男の笹川陽平は莫大な負債も同時に相続した為、その返済に苦労することになった。
引用元:Wikipedia

父の笹川良一氏と同様、陽平氏も数多くの社会貢献をしている点はさすがとしか言えません。

 

競艇の賞金ですが不定期で変更されることが多いので今後も変更があり次第、お知らせしていきます。

コメント

2019年2月に一番当たったサイト

前月の無料予想的中ランキング

SPEED

無料予想が見れるだけではなく、今なら期間限定で無料ポイントが更に1万円がもらえる勝つにはもってこいのサイト。オッズや舟券種類を分析し、当たることよりも回収することを大前提に当たる競艇予想を提供してくれる。過去の膨大な競走結果データやスタート展示情報を保有し、どこよりも当たる、そして勝てる予想を提供してくれる。

黒舟

期間限定で初回登録者のみに30万円勝てる予想をプレゼント。現地にスタッフを配備する徹底ぶりで、ボートレース初心者でも高い回収率を掴むことができる。特に一般戦の無料予想でコツコツ収支をプラスにしていく戦法がオススメ。

ブルーオーシャン

使えば大半の人が満足できる結果になるであろうブルーオーシャンは当サイトも認定するほどの優良競艇予想サイト。

堅い予想の的中率が高いことは驚くことではないが万舟券狙いの穴予想にも目を光らせているため一攫千金が狙えます。玄人・素人ともにオススメしたい競艇予想サイト。

舟王(ふなおう)

SG・G1といった高いグレードのレースの的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いて予想していることが素人目にしてわかる。3連単にこだわり、1点買い3千円投資で52,500円回収などの買い目を無料で教えてくれます。