【住之江競艇】2018年SG最終決戦!グランプリの予想や開催概要

SG
スマートフォンで閲覧している方は画面を横にすると記事中の表が見やすくなります。

1年で最大級の競艇イベントがついにやってきました。

優勝賞金として1億円が贈られるグランプリ(賞金王決定戦競走)は公営競技の賞金としては初の1億円超えということでギネスブックにも登録されています。

2018年12月4日現在、1,610名のボートレーサーがいますが全選手が目指すはこの”グランプリ出場”です。

レジェンドこと松井繁(大阪支部)も毎年の目標は「グランプリ出場」とブレません。

グランプリは出場条件のハードルが高い上にレース内容も非常に濃いものとなっています。

出場選手のスキルが高いため予想する側も相当な困難が伴うことでしょう

この記事では2018年の競艇グランプリ、そして同時進行のグランプリシリーズについて詳しく書いていきます。

【住之江競艇場】2018年競艇グランプリ 予想や概要

グランプリはほぼ毎年大阪の住之江競艇場で開催されていますが約7年に1回は住之江の地を離れて開催されます。

2018年のグランプリは例年通り住之江競艇場で開催されます。

グランプリの開催地ということもあり、住之江競艇場の売上は全国24の競艇場の中で毎年1位となっています。

競艇の年間売上と1人あたりが使う単価
全国の競艇場の売上を調査してみた ギャンブル市場は容易に膨大であることが想像できます。 パチンコ業界では23兆円を超える巨大市場となっています。 この市場がどれくらい大きいのかというと… 他の市場と比較してみまし...

グランプリは元々、“賞金王決定戦競走”のタイトルが付けられていますが2014年から通称「ボートレースグランプリ(THE GRAND PRIX) 」と称されています。グランプリGPと略されることもあります。

グランプリと同時に開催されるのがグランプリシリーズですがこちらも住之江競艇場でグランプリと平行して行われます。

基本的に10R以降のレース後半でグランプリが行われ、それより前でグランプリシリーズが行われます。

まずは開催概要をチェックしていきます。

開催地ボートレース住之江 ※クリックするとGoogleマップが開きます

開催日程2018年12月19日(水)~2018年12月24日(月)

タイトルSG第33回グランプリ/グランプリシリーズ

優勝賞金:グランプリ/1億円 シリーズ/1,600万円

概要:開催は全6日間の日程で行われます。

優勝賞金1億円のグランプリですが優勝選手以外の賞金を調べていきます。

グランプリの全賞金 2位や3位は?

グランプリの優勝賞金が1億円ということは有名ですが優勝戦で惜しくも2着だった選手やトライアルで敗れた選手の賞金はどれくらいなのでしょうか?

グランプリの賞金のすべてを表にしました。

レース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
賞金王決定戦 1億円 4500万円 3100万円 2200万円 1900万円 1600万円
順位決定戦 1600万円 1000万円 700万円 500万円 400万円 350万円
トライアル1 45万円 34.5万円 27万円 19.5万円 16.5万円 13.5万円
トライアル2 53万円 42万円 34万円 29万円 26万円 24万円

賞金王決定戦(優勝戦)では2着の選手に4500万円が贈られますがこの賞金はグランプリを除くSGの賞金よりも高い金額です。

グランプリを除くSGの優勝賞金は最高で3,500万円(クラシック・オールスター・メモリアル・ダービー)となっています。

グランプリがいかに高い賞金なのかが見て取れますね。

グランプリで優勝した選手が賞金王になりやすいということにも納得です。

グランプリシリーズ戦の賞金一覧

同時に行われるシリーズ戦の賞金も見てみましょう。

レース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
優勝戦 1600万円 600万円 380万円 320万円 300万円 280万円
特別選抜 180万円 120万円 90万円 70万円 60万円 55万円
特別選抜 100万円 70万円 50万円 40万円 37万円 35万円
準優勝 30万円 23万円 18万円 13万円 11万円 9万円
予選 16万円 12万円 9万円 8万円 7万円 6万円

には選抜戦・シリーズ復活戦・シリーズ特別戦が含まれます。

グランプリと比べるとやはり賞金は一気に下がってしまいますがそれでも他のタイトルと比べると非常に高いものとなっています。

シリーズ戦で優勝をすると1,600万円が与えられますがそれでもグランプリ6位の選手と同額になることからいかにグランプリがすごいものなのかが分かります。

2018年SGグランプリ出場選手

2018年1月1日からSGチャレンジカップ終了時点までの賞金ランキング上位の選手からスタート事故などによる選手を除外した上で出場選手が決定されました。

順位登番氏名支部獲得賞金額出場
14238毒島 誠群馬1億4528万2500円2年連続5回目
24320峰 竜太佐賀9628万0000円2年連続5回目
33897白井 英治山口8955万4000円3年連続6回目
44024井口 佳典三重8944万6800円3年連続8回目
54013中島 孝平福井8041万9000円3年ぶり4回目
63721守田 俊介滋賀7829万3300円3年ぶり2回目
73854吉川 元浩兵庫7433万7000円9年ぶり4回目
84296岡崎 恭裕福岡6804万8000円2年ぶり3回目
94262馬場 貴也滋賀6778万8000円初出場
104019笠原 亮静岡6679万1000円3年ぶり3回目
114444桐生 順平埼玉6463万8959円5年連続5回目
124168石野 貴之大阪6390万8400円5年連続6回目
133946赤岩 善生愛知6067万5000円9年ぶり3回目
143590濱野谷憲吾東京6012万5932円8年ぶり12回目
153557太田 和美大阪5871万0000円2年ぶり10回目
163960菊地 孝平静岡5820万1000円3年連続7回目
173941池田 浩二愛知5764万4000円2年ぶり10回目
184344新田 雄史三重5707万8146円5年ぶり2回目

他のSGは優先出走権などが存在することがありますがグランプリでは優先出場枠は存在せず、その年に獲得した賞金がすべてとなります。

グランプリ出場のをかけて最後のチャンスだったSGチャレンジカップで優勝した馬場貴也選手が初出場となります。

予想的中!2018年SGチャレンジカップは馬場貴也が優勝
2018年、12月のグランプリを前に最後の出場権獲得のチャンスを賭けたSGチャレンジカップ。 6日間の開催が終了し、優勝選手及びグランプリ出場選手が確定しました。 芦屋競艇場にてチャレンジカップと同時開催されていたG2レディース...

同支部の守田俊介選手とのグランプリ出場は相当嬉しかったことでしょう。

2018年グランプリシリーズ出場選手

2018年賞金ランキング19位から60位の選手が対象となります。

但しグランプリと同様にスタート事故などをおこした選手は出場から除外されます。

順位登番氏名支部獲得賞金額出場
193783瓜生 正義福岡5570万0000円2年連続8回目
203573前本 泰和広島5545万2000円2年連続9回目
213942寺田 祥山口5545万1000円2年ぶり11回目
224044湯川 浩司大阪5210万7000円5年連続10回目
234266長田 頼宗東京5189万0500円4年連続5回目
244074柳沢 一愛知5159万9000円3年連続6回目
253744徳増 秀樹静岡5133万5000円2年ぶり8回目
264418茅原 悠紀岡山5125万8000円2年ぶり3回目
274547中田 竜太埼玉4804万1000円2年連続3回目
284371西山 貴浩福岡4779万6800円3年ぶり5回目
294028田村 隆信徳島4732万7000円3年連続11回目
304477篠崎 仁志福岡4691万6000円2年連続4回目
313622山崎 智也群馬4687万9000円2年連続7回目
323822平尾 崇典岡山4575万6230円4年ぶり11回目
334459片岡 雅裕香川4538万4710円2年連続2回目
344337平本 真之愛知4537万5300円5年連続8回目
354166吉田 拡郎岡山4487万6000円3年ぶり6回目
363996秋山 直之群馬4239万3000円4年連続11回目
373959坪井 康晴静岡4229万7000円2年連続9回目
384075中野 次郎東京4098万9000円2年ぶり7回目
394659木下 翔太大阪4082万9000円2年連続2回目
403978齊藤 仁東京4053万2000円2年ぶり5回目
414586磯部 誠愛知4033万5000円初出場
424831羽野 直也福岡3959万8800円2年連続2回目
434524深谷 知博静岡3947万0800円4年ぶり2回目
443499市川 哲也広島3894万9000円4年ぶり12回目
454042丸岡 正典大阪3851万7000円3年連続6回目
463908重成 一人香川3817万9000円4年連続10回目
474061萩原 秀人福井3809万1500円3年連続4回目
484848仲谷 颯仁福岡3796万5000円2年連続2回目
494500山田 康二佐賀3784万9000円2年連続2回目
504530小野 生奈福岡3763万4532円3年連続3回目
514503上野真之介佐賀3705万0600円初出場
523779原田 幸哉長崎3673万6000円2年ぶり11回目
533502渡邉 英児静岡3645万5530円6年ぶり7回目
544573佐藤 翼埼玉3629万1500円初出場
554350篠崎 元志福岡3623万0500円2年連続5回目
563983須藤 博倫埼玉3586万1000円2年連続9回目
573780魚谷 智之兵庫3564万3000円3年連続10回目
584237大峯 豊山口3552万9000円3年ぶり2回目
594297山田 哲也東京3529万9294円6年ぶり2回目
604504前田 将太福岡3523万5000円2年連続3回目

表の右上から表示件数の変更が行えます。

2016年のグランプリ優勝選手、瓜生正義は惜しくも出場を逃しました。2年ぶりの出場でグランプリ2Vが期待されていただけに残念です。

予備選手

順位登番氏名支部獲得賞金額
予備13556田中信一郎大阪3479万3500円
予備24136江夏 満福岡3477万1300円
予備33555野添 貴裕大阪3475万8270円
予備43898平田 忠則福岡3474万9000円
予備54305金子 拓矢群馬3462万4000円

予備選手は出場選手から欠場が出た場合に順に繰り上がり出場となります。

除外選手

以下の3選手はスタート事故による辞退期間中のため、グランプリおよびシリーズ戦の出場権利を失ってしまいました。

 

3415/松井 繁 /¥54,718,000

3473/石川真二 /¥42,505,810

4604/岩瀬裕亮 /¥34,704,000

 

また、3719辻栄蔵も¥50,394,000と高い賞金を獲得していましたが選手、審判員及び検査員褒賞懲戒規程に基づく出場停止処分を受けたために欠場となります。

グランプリの進行を分かりやすく説明

グランプリは前半5日間で10Rのトライアルを行い、最終日6日目第12Rで賞金王(優勝選手)が決定されます。

詳細については初日・2日目賞金ランキング7位~18位の12名でトライアル1を行います。

各選手2レースずつ行い、得点率上位の6名トライアル2に進出できます。

トライアル1で上位6名に入れなかった選手はグランプリシリーズ戦に合流します。

トライアル2は賞金ランキング1位~6位のいわゆるシードとされている6名に加えてトライアル1で勝ち上がった6名の合計12名で行われます。

この12名のうち、上位6名がグランプリの優勝戦となる“賞金王決定戦”に勝ち進み1着の選手に優勝賞金1億円が贈られます。

この時の枠順トライアル2の得点率順位によって1位は1号艇、2位は2号艇といった具合で決められます。

トライアル2の下位6名は最終日で“順位決定戦”を行うことになります。

なお、賞金王決定戦(最終日)に進出した6名翌年のチャレンジカップとグランプリを除くすべてのSG競争(ボートレースクラシック/ボートレースオールスター/グランドチャンピオン/オーシャンカップ/ボートレースメモリアル/ボートレースダービー)の優先出走権が与えられます。

全6つのSGに優先的に出場できるということは翌年はそれだけ賞金を獲得しやすくなるので賞金王決定戦に勝ち進むだけでもその恩恵は大きい事がわかります。

2018グランプリトライアル1出走表

初日の2018年12月19日(水)トライアル1の出走表が決定しています。

上記で説明したようにトライアル1なので賞金ランキング7位~18位の全12名が出走します。

グランプリトライアル1st【11R】出走表

登番 選手 勝率 支部
1 4296 岡崎恭裕 7.72 福岡
2 4262 馬場貴也 7.34 滋賀
3 4168 石野貴之 6.80 大阪
4 3946 赤岩善生 7.97 愛知
5 3960 菊地孝平 7.39 静岡
6 3941 池田浩二 7.82 愛知

グランプリトライアル1st【12R】出走表

登番 選手 勝率 支部
1 3854 吉川元浩 7.96 兵庫
2 4019 笠原亮 7.09 静岡
3 4444 桐生順平 8.03 埼玉
4 3590 濱野谷憲吾 7.24 東京
5 3557 太田和美 7.79 大阪
6 4344 新田雄史 7.67 三重

トライアル1は2日目でも行われますが組合せは初日の着順で決定されます。

枠については抽選で決定されます。

グランプリシリーズ特別戦【10R】出走表

シリーズ戦の特別戦も枠順が決定しています。

特別戦は他のSGやG1レースのドリーム戦と認識しておけばOKです。

グランプリ優勝選手を予想

2018年のグランプリで優勝するであろう選手を予想していきます。

ほとんどの人が同意見だと思うのですが、2018年SGで2タイトル・G1で3タイトルを獲得し、獲得賞金ランキングでは大差をつけて1位を独走している毒島誠でしょう。

この勢いは止まることを知りません。

7月に若松競艇場で開催されたオーシャンカップ、そして8月に丸亀競艇場で開催されたボートレースメモリアル2つのSGで連続優勝を達成した絶好調の選手です。

本人は何も変わっていないと発言していますがレースでの展開力や能力は明らかに上がっています。

今まで多くの失敗をしてきただけにその経験を糧にして今では競艇界のエースの1人に上り詰めました。

ペラ調整が重要となる住之江競艇場ですがグランプリでは去年、優勝戦に出場し、2015年にはグランプリ2位の実績もあるため、2018年のグランプリでの優勝が期待されます。

住之江競艇の水面はインが強いが冬は注意

1年を通して約3割が無風でなおかつインコースが強い住之江競艇場。

アウト艇がまくりにいってもイン艇に飛ばされることがよくあります。

しかし冬場に関しては注意が必要になってきます。

ホーム追い風が吹く冬場はイン艇の1マーク全速ターンが流れるため、差しが有利になってきます。

また、住之江の水面は工業用水硬い淡水のため選手はまず第一に乗りやすいように調整する必要があります。

この調整においても選手によって差が出てくるでしょうし、ベテラン選手ほど調整が上手いことはいうまでもありません。

引き波が残りやすい水面のため、2マークでの攻防戦は波乱も含まれ逆転劇になることもよくあります。

ボートレース住之江(住之江競艇場)概要

プール型水面で工業用水を使っていて水は硬め。通年ナイターで開催。

インに有利な展開になることが多いが2マークに曳き波が残る。その為、ボートが暴れて逆転劇も多くなる。

・モーター  → 減音

・水質  → 淡水

・干満差  → なし

・レコード  → 1.43.3 田中 信一郎 2003/22

所在地 〒559-0023 大阪府大阪市住之江区泉1-1-71
電話番号 06-6685-5112
交通・ アクセス ・地下鉄四ツ橋線・住之江公園駅下車。北口出口から徒歩3分
WEB サイト http://www.boatrace-suminoe.jp/

 

 

 

 

コメント

2019年2月に一番当たったサイト

前月の無料予想的中ランキング

SPEED

無料予想が見れるだけではなく、今なら期間限定で無料ポイントが更に1万円がもらえる勝つにはもってこいのサイト。オッズや舟券種類を分析し、当たることよりも回収することを大前提に当たる競艇予想を提供してくれる。過去の膨大な競走結果データやスタート展示情報を保有し、どこよりも当たる、そして勝てる予想を提供してくれる。

黒舟

期間限定で初回登録者のみに30万円勝てる予想をプレゼント。現地にスタッフを配備する徹底ぶりで、ボートレース初心者でも高い回収率を掴むことができる。特に一般戦の無料予想でコツコツ収支をプラスにしていく戦法がオススメ。

ブルーオーシャン

使えば大半の人が満足できる結果になるであろうブルーオーシャンは当サイトも認定するほどの優良競艇予想サイト。

堅い予想の的中率が高いことは驚くことではないが万舟券狙いの穴予想にも目を光らせているため一攫千金が狙えます。玄人・素人ともにオススメしたい競艇予想サイト。

舟王(ふなおう)

SG・G1といった高いグレードのレースの的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いて予想していることが素人目にしてわかる。3連単にこだわり、1点買い3千円投資で52,500円回収などの買い目を無料で教えてくれます。