競艇選手と小型船舶操縦士

ニュース/雑学
スマートフォンで閲覧している方は画面を横にすると記事中の表が見やすくなります。

競艇選手も船の免許は必要?

競艇選手である以上、船に乗るのは当然のことです。しかしここで疑問が。

競艇選手になるにはやまと学校を卒業しなければいけないことは過去の記事に書きましたが、競艇選手は船の免許を持っているのでしょうか?

車と同様、私有地であれば免許を持たずに船を運転してもいいのでしょうか?

競艇学校に入る前に小型船舶操縦士の免許が必要

やまと学校の二次試験合格となるとそれから学校に入学するまでの間に【2級小型船舶操縦士】以上の小型船の操縦免許を自分で取得する必要があります。この免許は自動車運転免許に例えると教習所で4日間の購入のみで取ることができます。

2級小型船舶操縦士は20tまで運転が可能です。この免許があれば競艇のボートのような小型の船は割りと簡単に運転できます。陸から9キロの沖合まで出ることができるのでこの免許さえあれば競艇の船に乗ることが可能になります。

2級小型船舶操縦士免許の費用

実際に免許を取る場所で金額は異なりますが、大まかには5万円前後で取ることが可能なようです。

講習料:35,650円

受験申請料:3,500円

身体検査料:1,600円

学科試験:3,550円

学科試験内容

問題数は50問で4つの選択肢から選びます。3つの科目の50%以上の正解と総合点数で65%以上がなければ合格することができません。

超簡単な実技試験

実技講習を受けていれば合格率は99%と言われているほど簡単ですが、ライフジャケット着用や船灯スイッチの押し忘れ、声出しなど基本的なことが出来ていないと不合格になるようです。

無免許でレースに出れるけど免許は必要という矛盾

やまと学校入学までに2級小型船舶操縦士を取得する必要がありますが、やまと学校及び全国の競艇場は【特定水域】に指定されているため、船舶免許を所持しなくても操縦することが可能です。

つまり競艇場でボートを操縦する際には船の免許を持っていなくても運転することが認められているということになります。

しかしながら、卒業しなければ競艇選手になれないやまと学校では入学までに2級小型船舶操縦士の免許が必要。

 

結論はすべての競艇選手は2級小型船舶操縦士の免許を持っているがレースでは必要としていないということなります。

 

この矛盾に謎を感じるのは筆者だけでしょうか・・・

コメント

2019年2月に一番当たったサイト

前月の無料予想的中ランキング

SPEED

無料予想が見れるだけではなく、今なら期間限定で無料ポイントが更に1万円がもらえる勝つにはもってこいのサイト。オッズや舟券種類を分析し、当たることよりも回収することを大前提に当たる競艇予想を提供してくれる。過去の膨大な競走結果データやスタート展示情報を保有し、どこよりも当たる、そして勝てる予想を提供してくれる。

黒舟

期間限定で初回登録者のみに30万円勝てる予想をプレゼント。現地にスタッフを配備する徹底ぶりで、ボートレース初心者でも高い回収率を掴むことができる。特に一般戦の無料予想でコツコツ収支をプラスにしていく戦法がオススメ。

ブルーオーシャン

使えば大半の人が満足できる結果になるであろうブルーオーシャンは当サイトも認定するほどの優良競艇予想サイト。

堅い予想の的中率が高いことは驚くことではないが万舟券狙いの穴予想にも目を光らせているため一攫千金が狙えます。玄人・素人ともにオススメしたい競艇予想サイト。

舟王(ふなおう)

SG・G1といった高いグレードのレースの的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いて予想していることが素人目にしてわかる。3連単にこだわり、1点買い3千円投資で52,500円回収などの買い目を無料で教えてくれます。