不死鳥・植木通彦が引退後に貴重なモンキーターンを披露

ニュース/雑学
スマートフォンで閲覧している方は画面を横にすると記事中の表が見やすくなります。

植木通彦という名前を見てピンとこない人はいないのではないでしょうか。

特に競艇歴の長い人で知らない人はまずいないことでしょう。

伝説のレーサーと言われた植木通彦が全国ボートレース甲子園でボートに乗り、高速で旋回する姿を紹介していきます。

伝説のボートレーサー 植木通彦

当サイトでも取り上げたことがある元ボートレーサーの植木通彦氏。

伝説の競艇選手【植木通彦】
回復力だけでなく精神力も優れたレーサー 植木通彦 植木通彦(うえき みちひこ)、元ボートレーサー。1968年生まれ、現在はボートレーサー養成所所長。 1986年、18歳でデビューした植木氏が選手生活3年目で大怪我を負いました。競艇を...

植木通彦を知らない人のために簡単にどんな人か説明したいところですがどんなに省略しても長くなってしまいます。

それでも分かりやすく言うとすれば…とにかくすごい人です。

植木通彦は18歳でデビューをし、それから3年後、成人式の翌日に出走した桐生競艇場でのこと。

転覆事故でプロペラが顔面に直撃し、75針を縫う大怪我を負いました。

この手術の時、本人は「右頬に針を刺されているはずなのに左がチクリとした」旨を語っていて、神経もズタボロでグチャグチャになっていたことが想像できます。

それから3ヶ月。

頭蓋骨の骨を鼻に持ってくるなどの想像を遥かに越えた大手術から復帰を果たします。

復帰戦の地となったのは大事故を起こした桐生競艇場でした。

ここで打ち勝つことができなければ自分自身にも勝てないと本人は思ったのでしょう。

想像できないほどのトラウマを抱えた水面で勝負をするまさに男の中の男です。

このことから植木通彦は【不死鳥】と呼ばれました。当時の競艇のCMでも「平成の不死鳥、植木通彦」などと称されていました。

この他にも艇王の異名で知られています。

SG優勝タイトル

復活を遂げてからというもの、奇跡の復活劇で数々のタイトルを制覇していきました。

モンキーターン時代を切り開くSGで10勝という前代未聞の功績を残します。

植木通彦が獲得したSGタイトルの一覧です。

開催名
1986年 福岡 デビュー
1989年 桐生 大事故
1993年 戸田 クラシック
1994年 常滑 ダービー
1995年 住之江 グランプリ
1996年 戸田 グランプリ
1997年 常滑 オールスター
2001年 唐津 グランドチャンピオン
2002年 若松 オーシャンカップ
2002年 チャレンジカップ
2002年 住之江 グランプリ
2005年 常滑 オールスター

通算成績は4500走・1562勝、勝率7.58で生涯獲得賞金は22億6184万2369円でした。

2007年突然の引退

そして2007年、不調を伺わせること無く数多くのファンに常に期待されていた植木通彦は突然の引退を表明します。

引退会見においては

「今回の引退は、桐生での事故の後、これからどうしようかと考えたときに、桐生のみなさん、そしてお世話になったみなさんのためにも『20年間、命を懸けて走ろう』と決心しました。そしてその20年が来ました……」

と語りました。

事故の時にお世話になった人や迷惑をかけた人のために命をかけて走ると心に誓っていた姿に感動を覚えます。

現役時代の貴重なインタビュー・レース映像がYOUTUBEにありました。

THE TURN~艇王 植木通彦モンキーターンのすべて~

ボートレース甲子園でモンキーターンを披露

引退後、ボートに乗る姿を見れなくなったものの2012年からは競艇学校(やまと学校、現在のボートレーサー養成所)の校長を務め、生徒に直接指導にあたっていた植木通彦ですが、公でボートに乗ることは一切ありませんでした。

もう見ることはできないと思っていた矢先、2019年8月にボートレース浜名湖で開催された第1回全国ボートレース甲子園(G2)の新設を記念し、オープニングランでモンキーターンを披露していました。

【公式】GⅡ第1回全国ボートレース甲子園 植木通彦氏オープニングラン

現役レーサーで最高齢は72歳の高塚清一、優勝賞金20億円を達成している今村豊が58歳と考えると引退して12年で51歳の植木通彦氏が現役レーサーであっても不思議ではありませんね。

植木通彦のマジギレ動画

常に優しい雰囲気を醸し出している植木通彦ですが、マジギレしている動画を発見しました。

とはいってもかなり昔のもので、しかもこの世で一番厳しいとも言われているやまと競艇学校の理事の時の動画です。

やまと競艇学校

なぜだか植木通彦が怒っても愛のあるムチだと感じてしまいますね。

なお、該当の選手は坂井田晃で2010年にデビューを果たしますが2018年に登録抹消されています。

引退後の植木通彦

1993年に公営競技で初めて年間2億円の賞金を獲得し、日本プロスポーツ大賞に選ばれ表彰式に出席したときのこと。

この時にボートレース界の認知度がスポーツ界の中で低かったことを再認識させられました。

1年で2億円も稼ぎ、スポーツ界からも注目されているだろうと思っていた植木通彦ですが報道陣のフラッシュの少なさやその場の空気から想像とは大きくかけ離れていると気づきます。

同じスポーツの野球やサッカーとの認知度の差に悔しい思いをしたそうです。

この悔しさは引退をしてからも覚えているようで引退後、自分に何ができるか考えた時にボートレースや選手のことをもっと知ってもらうために自ら広めていく道を選ばれました。

SGやG1などの大きなタイトルで植木通彦のトークショーを見かけることが多い理由はここにもありそうですね。

現在ではボートレース振興会においてボートレースアンバサダーを務めています。

また、ブログなどでも頻繁にボートレース関連の記事を書かれています。

ちなみに更新はほぼ毎日されています。

オフィシャルブログhttps://ameblo.jp/michihiko-ueki/

旧ブログhttp://www.wmb.jp/blog/ueki/index.php

電撃引退特設サイト(大村競艇)http://www.omurakyotei.jp/special/3285ueki/index.html

※サイト内が文字化けしている可能性があるのでパソコンから閲覧の場合はブラウザメニューの「表示」→「エンコード」(テキストエンコーディング)→日本語(EUC-JP)を選択してください。

 

植木通彦(うえきみちひこ)

1968年4月26日生

福岡県北九州市出身

ボートレースアンバサダー

北九州市スポーツ大使(平成20年11月〜)

 

ボートレースで負けたくない場合

ボートレースは競馬と違い、たった6艇の中から予想をするだけなのに当たりにくいですよね。

そもそも競艇で高額配当は簡単に当てられるものなのでしょうか。

全レースで1号艇を予想し続ければ勝てそうですが、

インが最も強い徳山競艇場で実証した結果は回収率は92%に留まりマイナス収支となりました。


【検証】1号艇ばかり予想し続けた結果


しかし競艇で食いつないでいる人がいることも事実です。


そんな人達がどうやって競艇で勝ち続けているのか判明しました


一般人には不可能な膨大なデータの準備が必要だった!

初心者でもベテランでも誰でも簡単に勝つことができる方法なのでかなりオススメできます。

本当に勝ちたい人は上記のリンクをクリックして勝利のヒントをご覧ください。

完全無料でメールアドレスと軍資金さえあればプラス収支にできる方法です。


 

無料勝てる競艇予想サイトランキングはこちらからどうぞ!
↓ ↓ ↓

ニュース/雑学
このページを教える
当たる優良競艇予想サイトランキング

コメント

2019年2月に一番当たったサイト

前月の無料予想的中ランキング

SPEED

無料予想が見れるだけではなく、今なら期間限定で無料ポイントが更に1万円がもらえる勝つにはもってこいのサイト。オッズや舟券種類を分析し、当たることよりも回収することを大前提に当たる競艇予想を提供してくれる。過去の膨大な競走結果データやスタート展示情報を保有し、どこよりも当たる、そして勝てる予想を提供してくれる。

黒舟

期間限定で初回登録者のみに30万円勝てる予想をプレゼント。現地にスタッフを配備する徹底ぶりで、ボートレース初心者でも高い回収率を掴むことができる。特に一般戦の無料予想でコツコツ収支をプラスにしていく戦法がオススメ。

ブルーオーシャン

使えば大半の人が満足できる結果になるであろうブルーオーシャンは当サイトも認定するほどの優良競艇予想サイト。

堅い予想の的中率が高いことは驚くことではないが万舟券狙いの穴予想にも目を光らせているため一攫千金が狙えます。玄人・素人ともにオススメしたい競艇予想サイト。

舟王(ふなおう)

SG・G1といった高いグレードのレースの的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いて予想していることが素人目にしてわかる。3連単にこだわり、1点買い3千円投資で52,500円回収などの買い目を無料で教えてくれます。