2018年高松宮記念 優勝は濱野谷憲吾

住之江競艇で開催されていた2018年高松宮記念(G1)の結果発表です。

賞金ランキングも更新しているので併せてご覧ください。

【2018年】G1高松宮記念 優勝は濱野谷憲吾

2018年の高松宮記念。優勝に輝いたのは今年2つ目のG1制覇となった濱野谷憲吾選手でした。

開催地ボートレース住之江 ※クリックするとGoogleマップが開きます

開催日程:2018年10月13日(土)~10月18日(木)

タイトルG1第46回高松宮記念特別競走

キャッチコピー月華を彩る、強者達の名勝負。

優勝賞金800万円

まるがめ:G1京極賞開設66周年記念競走結果発表
ボートレースまるがめで開催されていた2018年の周年記念競走のG1京極賞。 6日目の開催が終了し、優勝選手が決定しました! 2018...

丸亀の周年以来のG1優勝をし、あのレースへの切符を手にしました!

高松宮記念 優勝戦結果

枠なり進入でスタートを切った優勝戦。

準優勝戦においてスタートが一人遅れた濱野谷憲吾選手ですが優勝戦でも一番遅いスタートとなってしまいました。

準優勝戦結果(1号艇のスタートに注目)

優勝戦でもコンマ08でアウト勢よりも遅いタイムを切ってしまいました。

風は一切無かったので単にプレッシャーによる出遅れでしょうか。

しかし道中は絶妙なコーナーリングで先マイに成功し、5号艇吉川選手がまくり差してくるもなんとか交わし、そのまま逃げ切ってのゴールとなりました。

登番/選手 タイム
1 1 3590 濱野谷 憲吾 1’48″2
2 5 3854 吉川 元浩 1’50″3
3 6 3942 寺田 祥 1’51″4
4 2 4719 上條 暢嵩 1’52″0
5 3 3744 徳増 秀樹 1’52″1
6 4 3960 菊地 孝平 1’53″1

払戻は次の通りです。

勝式 組番 払戻金 人気
3連単 1-5-6 ¥6,370 24
3連複 1=5=6 ¥3,590 13
2連単 1-5 ¥1,040 4
2連複 1=5 ¥860 4
拡連複 1=5 ¥320 4
1=6 ¥730 11
5=6 ¥1,510 14
単勝 1 ¥140
複勝 1 ¥120
5 ¥310

濱野谷憲吾選手がまくられていたら万舟は確実でしたね。

グランプリ出場確実!同じ住之江の舞台

高松宮記念の優勝賞金800万円が追加され、濱野谷憲吾選手は累計5,593万9,932円の獲得賞金となりました。

年末に開催されるグランプリ(賞金王決定戦)への出場ボーダーラインは平均5500円以上の賞金のため、出場はほぼ確実となりました。

2018年10月19日現在最新賞金ランキング

順位 登番 選手名 獲得賞金額
1 4238 毒島誠 1億2443万6500円
2 3897 白井英治 8767万5000円
3 4320 峰竜太 8029万5000円
4 4024 井口佳典 7560万800円
5 4013 中島孝平 7401万2000円
6 3854 吉川元浩 7052万3000円
7 4019 笠原亮 6233万7000円
8 4296 岡崎恭裕 5630万1000円
9 3590 濱野谷憲吾 5593万9932円
10 3942 寺田祥 5433万7000円
11 4444 桐生順平 5279万2959円
12 4344 新田雄史 5111万5146円
13 3960 菊地孝平 5049万9000円
14 4266 長田頼宗 5006万9500円
15 3946 赤岩善生 4864万8000円
16 3573 前本泰和 4809万2000円
17 3415 松井繁 4772万2000円
18 3744 徳増秀樹 4764万9000円
19 4547 中田竜太 4604万2000円
20 3719 辻栄蔵 4596万8000円

しかもグランプリは高松宮記念の開催地と同様に大阪の住之江競艇で行われます。

初のグランプリ制覇も夢ではありませんね!

濱野谷憲吾 優勝タイトル一覧

直近5年間の濱野谷憲吾選手の優勝タイトルをまとめました。

開催地 G タイトル 決まり手
2014年 平和島 一般 BOATBoyカップ 平和島マスターズ 1号艇 逃げ
2015年 平和島 一般 第38回京急電鉄社長杯 4号艇 恵まれ
江戸川 G1 江戸川大賞 開設60周年記念 2号艇 抜き
平和島 一般 第29回東京スポーツ賞3都市対抗戦 1号艇 逃げ
丸亀 G3 サントリー・ザ・プレミアムモルツカップ 4号艇 まくり
2016年 多摩川 一般 第37回新春特別かどまつ賞 4号艇 まくり
多摩川 一般 第23回多摩川さつき杯 1号艇 逃げ
多摩川 一般 第12回日本財団会長賞 5号艇 まくり差し
江戸川 一般 第38回大江戸賞 4号艇 まくり
2017年 平和島 一般 第55回サンケイスポーツ杯争奪第46回東京ダービー 1号艇 逃げ
下関 一般 西京波者結成7周年記念 1号艇 逃げ
多摩川 一般 第24回多摩川さつき杯 1号艇 逃げ
大村 一般 BTS長洲8周年記念競走 ながす金魚杯 1号艇 逃げ
2018年 浜名湖 一般 中日新聞東海本社杯 1号艇 逃げ
丸亀 G1 京極賞開設66周年記念競走 1号艇 逃げ
児島 一般 第23回日本財団会長杯 1号艇 逃げ
平和島 一般 マクール杯~”ほぼ”オール女子戦~ 1号艇 逃げ
住之江 G1 第46回高松宮記念特別競走 1号艇 逃げ

次はもちろんグランプリ制覇に向けて動きだした濱野谷選手。

2010年のグランプリにおいてはインからコンマ26と大きく出遅れてしまいましたが今年はまさにリベンジ戦となりそうです!