■競艇の優勝賞金一覧 SGから一般戦まで

競艇の基礎・豆知識
スマートフォンで閲覧している方は画面を横にすると記事中の表が見やすくなります。

競艇は夢・希望を与えてくれる・・・なんて綺麗事を並べたいのは山々ですが現実問題、競艇は完全なるビジネスであり大きな税収の1つでもあります。

舟券を買う人、主催者、選手、など関係するすべての人には“お金”がつきまといます。

予想する側としてはお金をかけずに単なるスポーツ観戦として見て

今回はそんな競艇のお金に関する記事です。

平均年収1,600万円と言われている競艇選手ですが1つのレースの優勝賞金はどれくらいなのでしょうか?

この記事ではSGだけに限らず各レースの賞金を調査していきます。

競艇の優勝賞金:最高1億円 最低74万円

 

2019年追記:2019年の賞金改定で一部のレースの賞金が増額されました。

一般戦:71万円→74万円
G3:100万円→105万円
G2:400万円→450万円
G1:450万円→480万円
PG1:1000万円→1100万円
SG:2500万円→3300万円

SGはグランドチャンピオン・オーシャンカップ・チャレンジカップの3レースが対象です。

今後、さらに賞金が改定された場合は随時更新していきます。

ボートレーサーは優勝賞金のほかにレースに出走するごとに賞金が発生します。

競艇選手がレースごとに獲得できる賞金

区分1着2着3着4着5着6着
優勝戦91万66万51万40万36万34万
選抜戦27万19万14.5万9.5万7.5万5.5万
準優勝戦13.5万10万7万4.1万3万2万
ドリーム戦13.5万10万7万4.1万3万2万
記者特選12万8.4万5.3万3.2万2.1万1.1万
特選11.5万8万5万3.1万2万1万
特賞10.7万7.5万4.9万3.1万2万1万
予選/一般10万6.7万4.6万2.9万2万1万

特選・特賞・予選・一般戦の4着以降においては完走手当として選手に与えられます。

上記の賞金はボートレース津の一般戦、ハッピィアワーティアラ ヴィーナスシリーズ第9戦(一般戦)を例に挙げています。

G1やSGといったグレードの高いレースでは更に賞金は高くなります。

この他にレースに出走するだけで様々な手当が支給されます。

・ナイター手当

・荒天敢闘手当(悪天候手当)

・無事故賞(節間全員無事故で発生)

・特別競走参加賞(G1以上の全レース、SGで大体12万円)

他にも開催地までの交通費節間全勝で金一封などいろいろな手当がつきます。

手当については競艇場ごとに売上の良し悪しや協賛金の有無で金額は異なってきます。

競艇は1節(1タイトル)でだいたい52名の選手が出場します。

その中で優勝した選手1名には優勝賞金が与えられます。

2位・3位…と上位選手にも賞金が発生しますが優勝賞金と比べると金額は一気に下がります。

各グレードごとの優勝賞金を見ていきましょう。

一般戦の賞金は74万円以上

開催タイトル優勝賞金
通年-74万円以上

全国24の競艇場で365日必ずどこかしらでレースが開催されていますがそのほとんどはこの一般戦に該当します。

グレードの格付けはされず、優勝賞金も低く設定されていますが最低でも74万円以上の賞金となっています。

個人協賛として自分の好きなレース名を付けられるのもこの一般戦となります。

【競艇】1万円でレース名がつけられる

※1節のタイトルではなく、1日のレースの中の冠協賛レースだけが対象となります。

ダブル優勝戦で優勝選手を2名決定するなどユニークなレースも多いです。

ゴールデンウィーク・お盆・年末年始は階級に関係なく地元選手を集めてレースを行うことが多いのですがA1階級の選手は通常、一般戦にはなかなか出場することが少ないので売上も大きくなります

そのためこの期間の優勝賞金は150万円と高くなります。

過去の賞金においては“64万円以上”だったのでまた改定されるかもしれませんね。

G3の賞金は105万円以上

開催タイトル優勝賞金
不定期オールレディース105万円以上
7月マスターズリーグ105万円
各場1度企業杯105万円以上
7月イースタンヤング105万円以上
7月ウエスタンヤング105万円以上

G3は年間で60回以上開催されているレースで注目度はグレードのついているレースの中では低めです。

新鋭リーグや女子リーグに加えて企業協賛レースがメインとなります。

G3について企業杯以外ではG1への前哨戦となっています。

企業協賛レースは各企業の名前がタイトルにつけられていて賞品として企業に関するもの(アサヒビールカップならビールなど)が贈られることが多いです。

G2の賞金は450万円以上

G2の賞金一覧です。

開催タイトル優勝賞金
2月レディースオールスター450万円
7月ボートレース甲子園450万円
1月モーターボート誕生祭450万円
不定期秩父宮妃記念杯450万円
不定期モーターボート大賞450万円

ボートレース甲子園は2019年から新設されるレースですが優勝賞金は他のG2と同様、450万円になることでしょう。

レースは5タイトルとなりますが節は9節となりますがこの理由はモーターボート大賞はSGやG1が開催されない競艇場への救済処置として年間5節の開催がされます。

SGやG1の舟券は全国販売となり、売上金は爆発的に上がるのですがSG/G1の開催がない場合、該当の開催地は売上が極端に少なくなるためです。

勘違いしている人もいるかもしれませんが、競艇の売上は全て各開催地の主催者にいきます。

そこから差し引きをした上でさまざまなところへ資金が渡ります。

G1の賞金は480万円以上

地区選手権以外はA1階級選手しか出場することができないG1の優勝賞金一覧です。

開催タイトル優勝賞金
全国周年記念競走900万円
不定期ダイヤモンドカップ800万円
10月高松宮記念800万円
1月地区選手権480万円

地区選手権は全国で6地区に分かれて開催されるので合計賞金金額は480万円×6戦で2880万円と大きいのですが各選手、自分の地区の選手権にしか出場することができないので優勝賞金は少なめとなります。

そのほかのG1においては800万円以上の賞金が獲得できますがG1を優勝してこそ一流のボートレーサーと言っても過言ではありません。

G1制覇は非常に難しく、運だけで勝つことは不可能なので一度優勝すれば一気に選手の名が売れるという点もあります。

PG1の賞金は1100万円以上

PG1、プレミアムグレード1の賞金一覧です。

開催タイトル優勝賞金
4月マスターズチャンピオン1100万円
8月レディースチャンピオン1100万円
9月ヤングダービー1100万円
11月バトルチャンピオントーナメント1100万円
12月クイーンズクライマックス1200万円

G1よりもグレードが高いPG1ですが1100万円以上の優勝賞金となっています。

大晦日を最終日に開催される女子選手の賞金王決定戦ことクイーンズクライマックスのみ1200万円の優勝勝金となっています。

女子版のグランプリでもあるタイトルですが賞金王決定戦(グランプリ)の優勝賞金1億円と比べると非常に少ないものだと感じますが女子選手はレディース戦で稼ぎやすい上に女子選手にもグランプリ優勝の可能性が残されているのでバランスが取れているのでしょう。

なお、2019年11月下旬~12月上旬で初開催される【バトルチャンピオントーナメント】の賞金も他のPG1と同様に1100万円に決定しました。

SGの賞金は1600万円以上

開催タイトル優勝賞金
3月ボートレース クラシック3500万円
5月ボートレース オールスター3500万円
6月グランドチャンピオン3300万円
7月オーシャンカップ3300万円
8月ボートレース メモリアル3500万円
10月ボートレース ダービー3500万円
11月チャレンジカップ3300万円
12月グランプリシリーズ戦1600万円
12月ボートレースグランプリ1億円

グレード最上位のSG(スペシャルグレード)優勝賞金についてです。

競艇界きっての最高グレードのレースだけに賞金も桁外れです。

SGは誰でも出場できるわけではなく、人気投票で決められたり勝率で決められたりその年の獲得賞金で決められたりと様々です。

1つ言えることはSG出場への道は非常に険しく困難だということです。

SGの最低賞金であるグランプリシリーズ戦で優勝することができれば競艇選手の平均年収1600万円に達します。

SGで優勝する場合ですがそれまでの過程で予選1着の賞金なども得ているため、実際もらえる金額はさらに高くなります。

SGグランプリにおいては競艇界の最高賞金1億円が優勝選手に贈られます。

グランプリとは

現在は競輪グランプリの賞金1億160万円に次ぐ賞金ですが先に1億円の大台に乗せたのは競艇のため、この記録はギネス世界記録にも認定されています。

2018年10月15日現在、現役の競艇選手は1,610名なので平均年収1600万円といっても賞金を稼いでいる選手とそうではない選手では大きく差がありそうです。

競艇選手全員が賞金を稼げる世界ではない

いろいろなレースの優勝賞金を見てきましたがボートレーサー全員が稼げる訳ではありません。

1勝もすることなく、引退していく選手もいます。

競輪のように定年を迎えての強制引退はないものの、視力検査で0.5以上ない場合や事故率が0.70以上の場合、四期通算勝率が3.5未満の選手は退会勧告といって実質引退に追いやられます。

目立って稼ぐ選手もいれば花を咲かすこと無く競艇界から去っていく選手もいます。

平均年収1600万円と言われているボートレーサーですが勝負の世界なので賞金を稼いでいる選手と稼いでいない選手の差が非常に大きいと思いました。

ボートレースで負けたくない場合

ボートレースは競馬と違い、たった6艇の中から予想をするだけなのに当たりにくいですよね。

そもそも競艇で高額配当は簡単に当てられるものなのでしょうか。

全レースで1号艇を予想し続ければ勝てそうですが、

インが最も強い徳山競艇場で実証した結果は回収率は92%に留まりマイナス収支となりました。


【検証】1号艇ばかり予想し続けた結果


しかし競艇で食いつないでいる人がいることも事実です。


そんな人達がどうやって競艇で勝ち続けているのか判明しました


一般人には不可能な膨大なデータの準備が必要だった!

初心者でもベテランでも誰でも簡単に勝つことができる方法なのでかなりオススメできます。

本当に勝ちたい人は上記のリンクをクリックして勝利のヒントをご覧ください。

完全無料でメールアドレスと軍資金さえあればプラス収支にできる方法です。


 

無料勝てる競艇予想サイトランキングはこちらからどうぞ!
↓ ↓ ↓

競艇の基礎・豆知識
このページを教える
当たる優良競艇予想サイトランキング

コメント

2019年2月に一番当たったサイト

前月の無料予想的中ランキング

SPEED

無料予想が見れるだけではなく、今なら期間限定で無料ポイントが更に1万円がもらえる勝つにはもってこいのサイト。オッズや舟券種類を分析し、当たることよりも回収することを大前提に当たる競艇予想を提供してくれる。過去の膨大な競走結果データやスタート展示情報を保有し、どこよりも当たる、そして勝てる予想を提供してくれる。

黒舟

期間限定で初回登録者のみに30万円勝てる予想をプレゼント。現地にスタッフを配備する徹底ぶりで、ボートレース初心者でも高い回収率を掴むことができる。特に一般戦の無料予想でコツコツ収支をプラスにしていく戦法がオススメ。

ブルーオーシャン

使えば大半の人が満足できる結果になるであろうブルーオーシャンは当サイトも認定するほどの優良競艇予想サイト。

堅い予想の的中率が高いことは驚くことではないが万舟券狙いの穴予想にも目を光らせているため一攫千金が狙えます。玄人・素人ともにオススメしたい競艇予想サイト。

舟王(ふなおう)

SG・G1といった高いグレードのレースの的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いて予想していることが素人目にしてわかる。3連単にこだわり、1点買い3千円投資で52,500円回収などの買い目を無料で教えてくれます。