【浜名湖競艇】2018年ヤングダービー出場選手

PG1
スマートフォンで閲覧している方は画面を横にすると記事中の表が見やすくなります。

2018年9月19日(水)から6日間に渡って開催されるプレミアムG1【ヤングダービー】

イースターヤングとウエスタンヤングの優勝選手が決定し、全出走選手が決定しました。

この記事ではヤングダービーの詳細や過去優勝選手などを書いていきます。

【浜名湖】2018年PG1ヤングダービー説明

2018年のヤングダービーの開催地は浜名湖になりました。

ヤングダービーはその名の通り若手選手限定で開催されるレースです。

今回で第5回目の開催となりますが優勝はどの選手が掴むのでしょうか?

まずはヤングダービーを知らない人のためにもこのレースをおさらいしておきましょう。

PG1ヤングダービーとは

まずはタイトルについている“PG1”ですがこちらは「プレミアムG1」といってG1よりも格上となります。

PG1は1年間に4タイトルしか開催されていないその名の通りプレミアムなレースです。

 

・マスターズチャンピオン

・レディースチャンピオン

・クイーンズクライマックス

・ヤングダービー

 

プレミアムG1はSGと同様、全国で舟券が発売されるため「全国発売G1」と呼ばれていましたが2014年から他のG1と差をつけるためプレミアムG1になりました。

PG1の正式名称は”プレミアムグレードワン“です。

ヤングダービーはもともとは新鋭王座決定戦競走として開催されていましたが若手選手育成のために2014年から出場条件を変更し、リニューアルといった形で変化を遂げました。

今年で開催が第5回と歴が浅いのもそのためです。

ヤングダービー出場条件

ヤングダービーというだけあって、年齢制限くらいしか設けていないと思いきやそうではありません。

ヤングダービーの出場資格はまず開催される年の9月1日の時点で30歳未満であることが絶対条件です。

優先出場権も与えられています。

前年度優勝者中田竜太

第4回開催において逃げ切り優勝をした中田竜太選手が本来優先出場できるのですが、ヤングダービーは30歳未満の選手を対象としています。

ヤングダービー 中田竜太が逃げ切り優勝
第4回ヤングダービー結果 30歳未満の選手しか出場できないヤングダービーですが今年が最後の出場チャンスとなった29歳の中田竜太が1号艇から逃げ切っての優勝を飾りました。 4月に丸亀競艇で開催された周年記念競走(G1)京極賞に...

昨年、29歳で最後のヤングダービーの出場となった中田竜太選手は2018年のヤングダービーには出場することができません

この1枠が空くため、予備選手から繰り上がり出場となります。

イースタン・ウェスタンヤング優勝選手

ヤングダービーのトライアルレース(前哨戦)として開催されたイースタン・ウェスタンヤングそれぞれの優勝選手優先的にヤングダービーに出場することができます

■イースタンヤング優勝選手

秋元 哲選手(29歳・埼玉支部)

29歳、ヤングダービーに出場できるギリギリの年齢で出場権利を獲得しました。

■ウェスタンヤング優勝選手

仲谷 颯仁選手(24歳・福岡支部)

上記2名の選手がヤングダービー優先出場権利を獲得しました。

選考期間内における勝率が高い選手

2017年7月1日~2018年6月30日までを選考期間として勝率が高い選手がヤングダービーに出場することができます。

SGやG1といったレースでは選手のグレードがA1階級であることが絶対条件であることにたいしてヤングダービーでは若手の選手を育てる目的としているため、勝率が高ければA2階級以下の選手でも出場することができます

過去にはB2選手(2017年渡邉和将選手)が出場していたこともありました。

選出除外選手は出場不可能

選考期間において特定条件を満たしていない場合や事故率が高い選手は出場することができません。

 

・フライング休みがヤングダービーと重なる選手

・出走回数140回未満の選手(優先出場戦選手は除外)

・選考期間内の事故率が0.40位上の選手

・前哨戦のイースタン・ウェスタンヤングの優勝戦でスタート事故を起こした選手

・出産や怪我などで出場を辞退する選手

 

準優勝/優勝戦でのフライングは厳しい罰則

優勝戦でフライングをした選手は6ヶ月間G3~PG1へのレースに出場することができません。

準優勝戦でフライングをシた選手は3ヶ月間G3~PG1へのレースに出場することができません。

どうしてフライングや出遅れといったスタート事故でここまで厳しい罰則があるのかというと、フライングをした艇に関係する舟券はすべて払い戻しとなるためです。

準優勝戦や優勝戦では売上も桁違いに高くなるため、フライングをされて一番困るのは主催者です。

主催者は売上の25%を人件費や賞金や給料などに回しているため、これが入ってこなくなると経営にも響いてきます。

ちなみにヤングダービー第1回では優勝戦において1号艇峰竜太・2号艇渡辺雄一郎・5号艇土屋智則の3選手がフライングをするという珍事もありました。

第5回ヤングダービー出場選手

異議申請期間を経て7月9日(月)に正式に決定します。

変更があり次第、この記事に更新していきます。

登番選手支部勝率
4831羽野 直也福 岡7.38
4586磯部 誠愛 知7.31
4659木下 翔太大 阪7.20
4530小野 生奈福 岡7.19
4848仲谷 颯仁福 岡6.88
4573佐藤 翼埼 玉6.80
4532秋元 哲埼 玉6.77
4537渡邉 和将岡 山6.65
4556竹井 奈美福 岡6.62
4787椎名 豊群 馬6.62
4682大上 卓人広 島6.60
4531武富 智亮佐 賀6.55
4734安河内 将佐 賀6.53
4823中村 桃佳香 川6.52
4579中嶋 健一郎三 重6.52
4719上條 暢嵩大 阪6.51
4584村岡 賢人岡 山6.45
4816村松 修二広 島6.44
4808松尾 拓三 重6.43
4512高野 哲史兵 庫6.43
4482守屋 美穂岡 山6.41
4513河野 真也福 岡6.32
4686丸野 一樹滋 賀6.25
4535北山 康介東 京6.25
4812西野 雄貴徳 島6.24
4757山田 祐也徳 島6.20
4885大山 千広福 岡6.08
4610佐藤 大佑東 京6.08
4643近江 翔吾香 川6.04
4713白神 優岡 山6.04
4483北野 輝季愛 知6.04
4796春園 功太三 重6.01
4737竹井 貴史福 岡6.01
4828松山 将吾滋 賀6.00
4578藤山 雅弘大 阪5.99
4851関 浩哉群 馬5.97
4583古田 祐貴香 川5.96
4551三川 昂暁福 岡5.94
4739中村 晃朋香 川5.93
4736高倉 和士福 岡5.93
4580長谷川 雅和岡 山5.93
4688永井 彪也東 京5.91
4685島村 隆幸徳 島5.91
4850野中 一平愛 知5.89
4802中田 達也福 岡5.87
4678水野 望美愛 知5.87
4559西川 昌希三 重5.83
4825倉持 莉々東 京5.81
4754松尾 充三 重5.80
4711前出 達吉福 井5.76
4514上條 嘉嗣大 阪5.74
4633森 智也兵 庫5.74

上記52選手がヤングダービーへと出場します。

2018年ヤングダービー開催詳細

 

開催地:ボートレース浜名湖(静岡県)

開催日程:2018年9月19日(水)~24日(月)

優勝賞金:1000万円

 

概要:最終日の9月24日・最終12Rにおいて優勝戦が行われますが全選手、この優勝戦に出場するために予選で争います。

最初の4日間はすべて予選となっていてそれぞれ割り振られた得点が付与されます。

この得点はドリーム戦のみ点数が異なるものの、その他のレースにおいては差がなくどの選手にも可能性があります。

5日目で準優勝戦が開催され、6日目で優勝戦となります。

ボートレース浜名湖情報

浜名湖の西岸に位置する浜名湖ボートレース場は全国でも有数の広さを誇る。

冬は追い風、夏は向かい風。

広大な競走水面でスピードが優先する。

まくり差しが入りやすく、筋舟券が成立しにくい。

・モーター  → 減音
・水質  → 汽水
・干満差  → あり
・レコード  → 1.44.3 原田 幸哉 2004/02/28

所在地 〒431-0398
静岡県湖西市新居町中之郷3727-7
電話番号 053-594-7111
交通・
アクセス
・JR東海道本線新居町駅北口前
・東名浜松西インターより30分
・東名三ヶ日インターより30分
WEB
サイト
http://www.boatrace-hamanako.jp/

 

ヤングダービー得点表

各レースにおいて出走した選手には順位に応じて得点が付与されていきます。

得点表1着2着3着4着5着6着失格
予選10864210
ドリーム戦121097650

・待機行動違反・不良航法-7点

・失格・自責転覆-5点

・他責失格0点

出走したレースの合計得点を出走数で割ることで得点率を算出し、得点順位を決めていきます。

得点率が高い選手18名が準優勝戦へと進むことができるというわけです。

出場選手は52名なので準優勝戦に進める確率は34.6%となります。

準優勝戦は計3レース開催され、それぞれの上位2着までに入った選手、合計6名が優勝戦へと進むことになります。

ヤングダービー過去優勝選手

今回で第5回目の開催となるヤングダービー。

過去優勝選手の一覧をチェックしていきます。

開催地タイトル優勝選手年齢決まり手
2014年戸田第1回ヤングダービー桐生順平27恵まれ
2015年尼崎第2回ヤングダービー松田祐季29逃げ
2016年常滑第3回ヤングダービー松田大志郎28逃げ
2017年蒲郡第4回ヤングダービー中田竜太29逃げ

2015年には松田祐季選手が、2016年には松田大志郎選手が優勝していますがこの二人は兄弟でもなければ血縁関係もありません。

松田祐季選手が1986年生まれで福井支部の98期生であることに対して松田大志郎選手は1987年生まれ・福岡支部の104期生となるため繋がりはほとんどないでしょう。

サイン競艇(が好きな人は松という字が名前に入っている選手が気になると思うのでこちらに名前を挙げておきます。

尾 拓(三重支部)

山 将吾(滋賀支部)

 修二(広島支部)

しかし競艇においてはサインはほとんどありませんのでサイン理論は通用しないので過度な期待はやめておいた方がいいでしょう。

サイン競艇の記事はこちらからどうぞ

27歳から29歳の選手が優勝する傾向にありますが出場する選手のほとんどがこの年齢に当てはまるので年齢だけで予想はできません。

ヤングダービーを予想して当てるには

開催されるボートレース浜名湖では1階1マーク側にある売店の名物・串カツを食べると当たりやすくなるとか126の3連単ボックスを買い続けると万舟が当たるなどと言われていますが根拠も理屈もない予想ではどんどんマイナスが大きくなっていくことでしょう。

レースを予想する上で重要なのはモーターや水面を把握したり各選手の得意不得意を見抜くことです。

競艇では1号艇が有利というデータがありますが必ずしもそうではありません。

いかに多くのデータを持っているかで勝ち負けが決まると言っても過言ではないでしょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    岡山の長谷川くんは出場できるのでしょうか?西日本で雨の影響が懸念されます。みなさんが無事でありますように。

2019年2月に一番当たったサイト

前月の無料予想的中ランキング

SPEED

無料予想が見れるだけではなく、今なら期間限定で無料ポイントが更に1万円がもらえる勝つにはもってこいのサイト。オッズや舟券種類を分析し、当たることよりも回収することを大前提に当たる競艇予想を提供してくれる。過去の膨大な競走結果データやスタート展示情報を保有し、どこよりも当たる、そして勝てる予想を提供してくれる。

黒舟

期間限定で初回登録者のみに30万円勝てる予想をプレゼント。現地にスタッフを配備する徹底ぶりで、ボートレース初心者でも高い回収率を掴むことができる。特に一般戦の無料予想でコツコツ収支をプラスにしていく戦法がオススメ。

ブルーオーシャン

使えば大半の人が満足できる結果になるであろうブルーオーシャンは当サイトも認定するほどの優良競艇予想サイト。

堅い予想の的中率が高いことは驚くことではないが万舟券狙いの穴予想にも目を光らせているため一攫千金が狙えます。玄人・素人ともにオススメしたい競艇予想サイト。

舟王(ふなおう)

SG・G1といった高いグレードのレースの的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いて予想していることが素人目にしてわかる。3連単にこだわり、1点買い3千円投資で52,500円回収などの買い目を無料で教えてくれます。