10/05-10/10 G1 平和島 トーキョー・ベイ・カップ
10/11~10/16 G1 丸亀 京極賞
10/14~10/19 G2 びわこ 秩父宮妃記念杯
10/20~10/25 SG 大村 ボートレースダービー
10/29~11/03 G1 桐生 赤城雷神杯

2020年SGボートレースクラシック 出場選手決定

SG




スマートフォンで閲覧している方は画面を横にすると記事中の表が見やすくなります。

その年で一番最初に開催されるSG、ボートレースクラシック(正式名称:鳳凰賞競走・総理大臣杯)の出場選手が発表されました。

2020年はボートレース平和島が開催地に選ばれています。

この記事で2020年SGボートレースクラシックの出場資格や出場選手を紹介していきます。



2020年平和島競艇場:SGボートレースクラシック出場選手

開催地 ボートレース平和島(東京都)
日程 2020年3月17日(火)~3月22日(日)
タイトル SG第55回ボートレースクラシック
優勝賞金 3900万円
場コード 04#
12R締切 16時19分
進行 全6日間(予選4日間)

ボートレース平和島の施設内にあるイベントステージ”平和島DEライブ”にもすでにSGクラシックの告知がされています。(画像一番右)

東京にある3つのボートレース場(平和島・多摩川・江戸川)の中で最も高い売上を出しているのもこの平和島競艇場です。

渋谷駅から約40分、品川駅から約20分とアクセスもいいので大盛りあがりになること間違いないでしょう。

さて、ボートレースクラシックは中央競馬でもクラシックレース(桜花賞・皐月賞・オークス・ダービー・菊花賞)がありますがこれらと同様に注目度が非常に高く、5大SG競走通称GRANDE5の初戦に指定されているレースです。

GRANDE5(グランデファイブ)=クラシック・オールスター・メモリアル・ダービー

冒頭にも書いたようにボートレースクラシックはその年で一番早く開催されるSG競走でもあります。

2020年現在、ボートレーサーは1598名いますがクラシックに出場できるのはわずか3.2%にあたる52名のみです。
出場選手を発表する前にまずはボートレースクラシックの出場条件を見ていきましょう。

SGクラシック出場条件

特定のタイトルの優勝選手をはじめ、出場条件は様々ですが基本的には前年のグランプリ優出選手とG2以上のタイトルで優勝した選手が出場できます。

前年度優勝選手 吉川元浩

2019年のSGボートレースクラシック(戸田競艇)で優勝したのは吉川元浩でした。

なお、クラシックの次に開催されるSGボートレースオールスターにおいても吉川元浩が優勝しました。

ボートレースクラシック2019優勝選手は吉川元浩
平成最後のSGを制覇したのは吉川元浩でした。 戸田競艇場では7年ぶりの開催となったSGでしたがやはり今回も大荒れが目立ち、数多くの万舟券が発生しました。 ボートレースクラシックの出場選手は前年、G1などの各特別競走で優勝した優秀...

前年SGグランプリ優勝戦出場選手

2019年12月に行われた優勝賞金1億円のグランプリにおいて優出した6名がSGクラシックの優先出走権を獲得しています。

■石野 貴之(大阪/37歳)

■桐生 順平(埼玉/33歳)

■毒島 誠(群馬/35歳)

■白井 英治(山口剛/43歳)

■瓜生 正義(福岡/43歳)

■吉川 元浩(兵庫/47歳)

前年のSG~G2の優勝選手

前年の1月1日~12月31日に行われたSG/PG1/G1/G2における優勝選手が出場できます。

なお、G1地区選手権のみ2020年の優勝選手が出場します。

G1地区選手権は全国6つのエリアに分かれ、2月6日~2月19日までそれぞれの地区で開催されるG1競走です。

また、G2のレディースオールスターとレディースチャレンジカップは除きます。

さらに2019年からG2に全国ボートレース甲子園が新設されましたが2020年のクラシックにおいてはこの優勝選手も優先出場できます。

前年の優勝回数上位者

こちらも前年の1月1日から12月31日の期間でG3以下(G3&一般戦)で優勝回数が多かった選手を選考基準としています。

出場選手

2020年SGボートレースクラシックに出場する選手をご覧ください。

2020年地区選手権は2月に開催されるため、優勝選手が決定次第発表していきます。

区分

前年度優勝

グランプリ優勝戦出場

SG優勝

G1/G2優勝

2020年地区選手権優勝

前年度優勝回数出場上位

対象期間:2019年1月1日~12月31日

区分 登番 選手 支部 勝率 優勝数 優勝レース クラシック出場
3854 吉川 元浩 兵庫 7.56 5 クラシック/オールスター/三国周年/グランプリ優出 3年連続12回目
4168 石野 貴之 大阪 7.45 6 グランプリ/チャレンジカップ/住之江高松宮記念 5年連続8回目
4238 毒島 誠 群馬 7.91 5 第65回メモリアル、第66回ダービー 8年連続8回目
3783 瓜生 正義 福岡 7.50 2 第24回オーシャンカップ、津66周年 8年連続14回目
4444 桐生 順平 埼玉 8.28 3 住之江63周年、福岡66周年 7年連続7回目
3897 白井 英治 山口 8.48 9 大村66周年 4年連続12回目
4262 馬場 貴也 滋賀 7.47 8 第34回グランプリシリーズ 2年連続2回目
4074 柳沢 一 愛知 7.05 4 第29回グランドチャンピオン 2年ぶり6回目
4028 田村 隆信 徳島 7.71 4 BBCトーナメント、鳴門66周年、蒲郡64周年 2年連続11回目
3941 池田 浩二 愛知 8.24 8 常滑65周年、常滑66周年 3年ぶり12回目
3388 今垣 光太郎 福井 7.38 3 第20回マスターズチャンピオン、ボートレース甲子園 3年ぶり17回目
3952 中澤 和志 埼玉 7.17 6 津67周年 5年ぶり7回目
4686 丸野 一樹 滋賀 7.10 6 びわこ67周年 初出場
4030 森高 一真 香川 7.14 5 丸亀67周年 2年ぶり7回目
3719 辻 栄蔵 広島 7.79 4 宮島65周年 2年ぶり11回目
3415 松井 繁 大阪 7.30 4 桐生63周年 2年ぶり24回目
4024 井口 佳典 三重 7.72 3 蒲郡63周年 4年連続12回目
3779 原田 幸哉 長崎 7.55 3 大村67周年 3年連続13回目
4290 稲田 浩二 兵庫 7.16 3 戸田63周年 2年ぶり2回目
4335 若林 将 東京 6.62 3 江戸川63周年 初出場
4611 今井 美亜 福井 6.31 3 第8回クイーンズクライマックス 初出場
3557 太田 和美 大阪 7.11 2 芦屋67周年 2年連続17回目
4148 枝尾 賢 福岡 6.86 2 江戸川64周年 初出場
4688 永井 彪也 東京 6.81 2 第6回ヤングダービー 初出場
4719 上條 暢嵩 大阪 6.68 2 下関ダイヤモンドカップ 初出場
4415 下出 卓矢 福井 6.36 2 平和島65周年 初出場
4586 磯部 誠 愛知 7.52 7 浜名湖MB大賞 2年連続2回目
4364 池永 太 福岡 7.12 6 江戸川MB大賞 2年連続3回目
3582 吉川 昭男 滋賀 6.85 6 びわこ秩父宮妃記念杯 10年ぶり4回目
4482 守屋 美穂 岡山 7.27 5 芦屋MB大賞 初出場
3590 濱野谷 憲吾 東京 7.07 5 津MB大賞 2年連続18回目
関東地区選手権(戸田)優勝者
東海地区選手権(蒲郡)優勝者
近畿地区選手権(尼崎)優勝者
四国地区選手権(丸亀)優勝者
中国地区選手権(宮島)優勝者
九州地区選手権(唐津)優勝者
3721 守田 俊介 滋賀 7.58 9 2年連続13回目
3623 深川 真二 佐賀 7.73 8 2年連続10回目
4370 山口 達也 岡山 7.67 8 6年ぶり2回目
4063 市橋 卓士 徳島 7.32 7 5年ぶり3回目
3946 赤岩 善生 愛知 7.15 7 4年連続12回目
3606 川北 浩貴 滋賀 7.75 6 17年ぶり3回目
4350 篠崎 元志 福岡 7.71 6 3年ぶり6回目
3159 江口 晃生 群馬 7.33 6 2年ぶり14回目
4237 大峯 豊 山口 6.68 6 2年連続3回目
3573 前本 泰和 広島 7.45 5 7年連続13回目
3737 上平 真二 広島 7.42 5 3年ぶり5回目
3984 坂口 周 三重 7.27 5 4年ぶり3回目
4095 福来 剛 東京 7.24 5 初出場
4052 興津 藍 徳島 7.21 5 6年ぶり2回目
3903 白石 健 兵庫 7.21 5 12年ぶり4回目

予備選手

現在、クラシックへの出場が決定している選手が地区選手権を優勝した場合、予備選手の順番が小さい選手から繰り上がり出場となります。

予備順 登番 選手 支部 勝率 優勝数
1 4101 三井所 尊春 佐賀 7.12 5
2 4450 平高 奈菜 香川 7.09 5
3 4371 西山 貴浩 福岡 7.01 5
4 4084 杉山 正樹 愛知 6.79 5
5 3909 佐々木 康幸 静岡 6.72 5
6 3473 石川 真二 福岡 6.71 5
7 4713 白神 優 岡山 6.19 5
8 4344 新田 雄史 三重 7.58 4
9 4397 西村 拓也 大阪 7.47 4
10 4205 山口 剛 広島 7.47 4

毎年地区選手権の優勝選手が決定すると予備選手から繰り上がりがあるので今年も例外なく予備選手がクラシックの出場権を手にすることでしょう。

過去優勝選手一覧


最近のボートレースクラシックで優勝している選手です。

開催年 開催地 優勝選手 決まり手
2008年 第43回 児島 松井繁 逃げ
2009年 第44回 多摩川 池田浩二 逃げ
2010年 第45回 平和島 山口剛 抜き
2012年 第46回 戸田 馬袋義則 逃げ
2013年 第47回 平和島 池田浩二 逃げ
2014年 第48回 尼崎 松井繁 逃げ
2015年 第49回 尼崎 桐生順平 逃げ
2016年 第50回 平和島 坪井康晴 逃げ
2017年 第51回 児島 桐生順平 逃げ
2018年 第52回 浜名湖 井口佳典 まくり
2019年 第53回 戸田 吉川元浩 逃げ

過去に優勝している選手は今節でも活躍する可能性が非常に高いので注目しておきましょう。

2008年以降の優勝選手で今節も出場する選手は次のとおりです。


■松井繁

第43回/児島 第48回/尼崎

■池田浩二

第44回/多摩川 第47回/平和島

■山口剛

第45回/平和島

■桐生順平

第49回/尼崎 第51回/児島

■井口佳典

第52回/浜名湖

■吉川元浩

第53回/戸田


池田浩二山口剛は平和島で行われたオールスターで優勝経験があるため特に注目しておきましょう。

2020年 平和島ではSG2タイトル開催

平和島競艇場ではSGボートレースクラシックの他に2020年、6年ぶりにSGグランプリ(賞金王決定戦)が開催されます。

2020年、全国で最も売上が高い競艇場になりそうな気配ですね。

また、全国のボートレース場で最も多くSGが開催されているのは住之江(大阪)ですが平和島はそれに次ぐ回数でSGが開催されています。

ボートレースクラシックとチャレンジカップの第1回開催は平和島競艇場で開催されているだけあって今年のクラシックは大きく盛り上がることでしょう!

当サイトでも当たる予想を皆さんにお伝えしていくのでぜひ予想の参考にしてみてください。

ドリーム戦やモーター抽選結果も発表され次第、お知らせしていくのでお楽しみに!

【平和島競艇】2020年SGボートレースクラシック関連リンク

開催概要・出場選手

モーター抽選結果

※中止 イベント

ドリーム戦予想

ボートレース平和島 情報

平和島と大森の海岸の間の運河を利用しているため、水質は海水となっている。潮の満ち引きによる差が発生するコースで、近くに舟が通ってうねりが発生したり、ビルに囲まれた会場で突風(ビル風)が発生するため荒れることも多々ある。

風の影響上、まくりに適したコースである。

 

・モーター  → 減音
・水質  → 海水
・干満差  → あり
・レコード  → 1.43.2 今村 豊 1998/11/26

所在地 〒143-0006
東京都大田区平和島1-1-1
電話番号 03-3768-9200
交通・
アクセス
・JR大森駅、京浜急行平和島から無料バス運行
・京浜急行大森海岸駅から徒歩10分
・有料駐車場約1,300台完備
WEB
サイト
http://www.heiwajima.gr.jp/

 

競艇で勝つ方法

ボートレースは競馬と違い、たった6艇の中から予想をするだけなのになぜだか当たりにくい印象を持っている人も多いはずです。

そもそも競艇において高額配当を当てることは可能なのでしょうか?

3連単の場合、全レースで1号艇を1着に固定をして予想し続ければ勝てそうですが、

インが最も強い徳山競艇場で実証した結果は回収率は92%に留まりマイナス収支となりました。


1号艇を軸に予想し続けた結果

しかし競艇で食いつないでいる人がいることも事実です。


そんな人達がどうやって競艇で勝ち続けているのか判明しました


一般人には不可能な膨大なデータの準備が必要だった!

初心者でもベテランでも誰でも簡単に勝つことができる方法なのでかなりオススメできます。

本当に勝ちたい人は上記のリンクをクリックして勝利のヒントをご覧ください。

完全無料メールアドレスと軍資金さえあれば超高確率でプラス収支にできる方法です。


 

無料勝てる競艇予想サイトランキングはこちらからどうぞ!
↓ ↓ ↓

SG
このページを教える
当たる優良競艇予想サイトランキング

コメント

今月の無料予想的中ランキング

SPEED

無料予想が見れるだけではなく、今なら期間限定で無料ポイントが更に1万円がもらえる勝つにはもってこいのサイト。オッズや舟券種類を分析し、当たることよりも回収することを大前提に当たる競艇予想を提供してくれる。過去の膨大な競走結果データやスタート展示情報を保有し、どこよりも当たる、そして勝てる予想を提供してくれる。

黒舟

期間限定で初回登録者のみに30万円勝てる予想をプレゼント。現地にスタッフを配備する徹底ぶりで、ボートレース初心者でも高い回収率を掴むことができる。特に一般戦の無料予想でコツコツ収支をプラスにしていく戦法がオススメ。

ブルーオーシャン

使えば大半の人が満足できる結果になるであろうブルーオーシャンは当サイトも認定するほどの優良競艇予想サイト。

堅い予想の的中率が高いことは驚くことではないが万舟券狙いの穴予想にも目を光らせているため一攫千金が狙えます。玄人・素人ともにオススメしたい競艇予想サイト。

舟王(ふなおう)

SG・G1といった高いグレードのレースの的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いて予想していることが素人目にしてわかる。3連単にこだわり、1点買い3千円投資で52,500円回収などの買い目を無料で教えてくれます。