【競艇】2019年5月最新版!賞金ランキング

賞金ランキング

2019年2つ目のSG、ボートレースオールスターも終わったので賞金ランキングを更新しました。

3月のボートレースクラシック(戸田競艇)、5月のボートレースオールスター(福岡競艇)のどちらも優勝した吉川元浩が1位ということは簡単に想像できます。

去年賞金王の峰竜太や生涯獲得賞金35億を稼ぐレジェンド松井繁などの順位が気になるところですね。

それでは早速2019年の競艇賞金ランキングをご覧ください!

2019年上半期賞金ランキング

2019年も半分が過ぎようとしていますが年末に開催される優勝賞金1億円のグランプリ(賞金王決定戦)出場をかけて激戦を繰り広げています。

ボートレースでは1月1日を起点として、その年に稼いだ賞金を競い合います。

どうして賞金ランキングが重要かというと1年で最大のBIGイベントのグランプリに出場するには賞金ランキングが影響してくるためです。

【競艇】SGボートレースグランプリ(賞金王決定戦競争)とは?
競艇界で最も注目度が高いSGグランプリ。 その名をよく耳にすることが多いのですがいまいちグランプリの内容を理解していない人もいるかと思います。 この記事を読めば競艇のグランプリが一体どんなレースなのか・どんな格式があるのか・出場...

2019年上半期の獲得賞金ランキングをご覧ください。

順位 登番 選手名 支部 獲得賞金額
1 3854 吉川 元浩 兵庫 9904万2000円
2 3897 白井 英治 山口 5800万2000円
3 4320 峰 竜太 佐賀 5617万7000円
4 3941 池田 浩二 愛知 3933万1000円
5 4024 井口 佳典 三重 3881万3000円
6 4262 馬場 貴也 滋賀 3675万9000円
7 3783 瓜生 正義 福岡 3467万2000円
8 4418 茅原 悠紀 岡山 3069万1000円
9 4444 桐生 順平 埼玉 2922万1000円
10 4497 桑原 悠 長崎 2812万4000円
11 3388 今垣光太郎 福井 2753万2000円
12 3960 菊地 孝平 静岡 2730万0000円
13 3952 中澤 和志 埼玉 2638万3000円
14 4337 平本 真之 愛知 2607万7000円
15 3744 徳増 秀樹 静岡 2541万9000円
16 4477 篠崎 仁志 福岡 2495万4000円
17 3415 松井 繁 大阪 2451万6000円
18 3779 原田 幸哉 長崎 2390万0000円
19 4500 山田 康二 佐賀 2348万6000円
20 4848 仲谷 颯仁 福岡 2328万9000円
21 4344 新田 雄史 三重 2312万3000円
22 3946 赤岩 善生 愛知 2283万6000円
23 4335 若林 将 東京 2283万4000円
24 3557 太田 和美 大阪 2281万7000円
25 4719 上條 暢嵩 大阪 2260万2000円
26 3590 濱野谷憲吾 東京 2198万3000円
27 4044 湯川 浩司 大阪 2189万2000円
28 4238 毒島 誠 群馬 2178万8000円
29 4364 池永 太 福岡 2173万9000円
30 4547 中田 竜太 埼玉 2139万5000円
31 4296 岡崎 恭裕 福岡 2127万0000円
32 3983 須藤 博倫 埼玉 2094万7000円
33 4371 西山 貴浩 福岡 2058万5000円
34 4586 磯部 誠 愛知 2025万5000円
35 4013 中島 孝平 福井 2013万4000円
36 4324 海野康志郎 山口 1985万5666円
37 4063 市橋 卓士 徳島 1978万0000円
38 3622 山崎 智也 群馬 1948万2000円
39 3822 平尾 崇典 岡山 1914万6000円
40 3716 石渡 鉄兵 東京 1901万4000円
41 4503 上野真之介 佐賀 1884万0000円
42 3435 寺田 千恵 岡山 1874万4000円
43 4350 篠崎 元志 福岡 1865万7000円
44 3996 秋山 直之 群馬 1861万3800円
45 3942 寺田 祥 山口 1844万8000円
46 3582 吉川 昭男 滋賀 1842万1333円
47 4168 石野 貴之 大阪 1828万5666円
48 3623 深川 真二 佐賀 1825万0666円
49 4831 羽野 直也 福岡 1811万5000円
50 3556 田中信一郎 大阪 1808万1500円

昨年の賞金王峰竜太は今年も好調で現時点で賞金ランキング3位になりました。

去年のように最後の最後で逆転ということも大いに有りえます。

また、去年グランプリ開催直前まで賞金ランキング1位だった毒島誠は28位、生涯獲得賞金1位の松井繁は17位とこちらも調子は劣らずのようです。

SGグランプリのボーダー

2019年に開催されるグランプリ及びシリーズ戦に出場するには賞金ランキングで上位にいる必要があります。

開催地 ボートレース住之江(大阪府)
日程 2019年12月17日(火)~12月22日(日)
タイトル SG第34回グランプリ/グランプリシリーズ
優勝賞金 1億万円(グランプリ)1600万円(シリーズ)
場コード 12#
概要 全6日間(予選4日間)

グランプリとグランプリシリーズで同時に開催されますが、グランプリは賞金ランキング1位~18位が、シリーズ戦には19位~60位の選手が出場できます。

賞金ランキングの選考期間は1月1日からSGチャレンジカップ終了の2019年11月24日までとなります。

グランプリシリーズ戦とグランプリの出場ボーダーは次のとおりです。

開催年 シリーズ戦 グランプリ
2014年/第29回 3229万円 5012万円
2015年/第30回 3281万円 4977万円
2016年/第31回 3013万円 5335万円
2017年/第32回 3402万円 5804万円
2018年/第33回 3523万円 5707万円

2018年では最低でもシリーズ戦で3523万円、グランプリで5707万円を獲得しなければ出場資格は発生しませんでした。

2019年グランプリ出場ほぼ確定選手

現時点で昨年のグランプリのボーダーをほぼ超えている次の3選手は2019年のグランプリ出場はほぼ確定でしょう。

吉川元浩/兵庫/99,042,000円

白井英治/山口/58,002,000円

峰竜太/佐賀/56,177,000円

現時点で上記の賞金を獲得しているため、今後開催されるG1やSGでさらに賞金を獲得するとなるとグランプリ出場は濃厚となります。

しかしSG準優勝戦でスタート事故を起こしてしまったり出場停止処分が下されている場合は出場することができません。

現在、賞金ランキング4位から7位の選手も最低でもグランプリシリーズへの出場は確定でしょう。

これから優勝賞金の高いSGが数多く開催されます。

開催タイトル優勝賞金
3月ボートレース クラシック3500万円
5月ボートレース オールスター3500万円
6月グランドチャンピオン3300万円
7月オーシャンカップ2700万円
8月ボートレース メモリアル3500万円
10月ボートレース ダービー3500万円
11月チャレンジカップ2700万円
12月グランプリシリーズ戦1600万円
12月ボートレースグランプリ1億円

現時点で賞金ランキング50位以内に入っていない選手も入れ替わりが多くなることが予想されます。

また、賞金ランキング上位の選手ほど舟券に絡みやすいのでチェックしておくとより予想が当たりやすくなることでしょう!

コメント

2019年2月に一番当たったサイト

前月の無料予想的中ランキング

SPEED

無料予想が見れるだけではなく、今なら期間限定で無料ポイントが更に1万円がもらえる勝つにはもってこいのサイト。オッズや舟券種類を分析し、当たることよりも回収することを大前提に当たる競艇予想を提供してくれる。過去の膨大な競走結果データやスタート展示情報を保有し、どこよりも当たる、そして勝てる予想を提供してくれる。

黒舟

期間限定で初回登録者のみに30万円勝てる予想をプレゼント。現地にスタッフを配備する徹底ぶりで、ボートレース初心者でも高い回収率を掴むことができる。特に一般戦の無料予想でコツコツ収支をプラスにしていく戦法がオススメ。

ブルーオーシャン

使えば大半の人が満足できる結果になるであろうブルーオーシャンは当サイトも認定するほどの優良競艇予想サイト。

堅い予想の的中率が高いことは驚くことではないが万舟券狙いの穴予想にも目を光らせているため一攫千金が狙えます。玄人・素人ともにオススメしたい競艇予想サイト。

舟王(ふなおう)

SG・G1といった高いグレードのレースの的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いて予想していることが素人目にしてわかる。3連単にこだわり、1点買い3千円投資で52,500円回収などの買い目を無料で教えてくれます。