開催地 G タイトル
2月6日 尼崎 G1 近畿地区選手権
2月7日 戸田 G1 関東地区選手権
2月8日 丸亀 G1 四国地区選手権
2月12日 宮島 G1 中国地区選手権
2月13日 唐津 G1 九州地区選手権
2月14日 蒲郡 G1 東海地区選手権
2月23日 多摩川 G1 ウェイキーカップ
2月25日 下関 G1 競帝王決定戦

唐津周年記念2018 優勝戦は最悪の結末に  岡崎恭裕が制覇

結果
スマートフォンで閲覧している方は画面を横にすると記事中の表が見やすくなります。

2016年の12月から1年以上を空けて2018年1月末、そして間を空けることなくこの4月に開催された唐津の周年記念競走。

優勝戦の結果や払い戻し、ありえないスタート事故が発生した様子などを書いていきます。

からつ周年 優勝戦でありえないスタート事故

タイトル:G1全日本王者決定戦(開設65周年記念)

開催日:2018/4/3~4/8の6日間

開催地:ボートレースからつ(佐賀県)

優勝戦結果・払い戻し

優勝戦では本開催で4回の1着を取り今年すでに唐津の周年記念競争(全日本王者決定戦 ※前回開催は1月)と児島の中国地区選手権のG1を2レースも制覇している前本泰和選手が1号艇に枠入り。

唐津での競走成績は一番高く単勝オッズは1.3倍と絶大なる人気でした。

地元(佐賀)選手は4号艇の峰竜太と6号艇の宮地元輝選手の2名。

スタート展示は6号艇の宮地が2コースに入り込み優勝にむけて徹底的に攻めていきました。

しかし攻めすぎたことが原因で結果はひどいものとなりました。

選手 タイム
1 5 4296  岡崎  恭裕 1’48″0
2 3 4238  毒島   誠 1’49″6
3 4 4320  峰   竜太 1’50″8
4 2 3422  服部  幸男 1’53″1
1 3573  前本  泰和
6 4445  宮地  元輝

インの1号艇前本と6号艇宮地がフライング失格。

G1、しかも優勝戦で最も期待されているインの2艇がフライングは中々起こることではないです。

払い戻し結果

勝式 組番 払戻金 人気
3連単 5-3-4 ¥1,200 6
3連複 3=4=5 ¥140 1
2連単 5-3 ¥1,060 6
2連複 3=5 ¥450 3
拡連複 3=5 ¥130 4
4=5 ¥120 2
3=4 ¥110 1
単勝 5 ¥300
複勝 5 ¥160
3 ¥100

フライングがなく5-3-4の順で決着していた場合、3連単は119.7倍(11,970円)と万舟になっていました。

当たった人はたったの12倍(1,200円)を手に喜んで…わけありませんね。

 

フライングの原因は宮地元輝選手

スタート展示においては6号艇宮地選手は4コースからのスタートとなりました。

地元のエース、峰竜太は追いやられる形で6コースからの不利なスタートでした。

しかし、本番では6号艇宮地選手が絶対にインに入るという気持ちで挑み、スタートの位置が深い侵入となり、宮地選手は非常識なコンマ05のフライングに。

優勝戦のスタートまでの展示を画像で分析していきます。

フライングとなった原因検証

通常であれば6号艇宮地選手は大外の6コースからのスタートとなります。

しかしスタート展示においてどの艇よりも前に前に出たい気持ちが早速出ていました。

緑の宮地選手がインを目掛けて最内枠を取ろうとしていますがそれを阻止する1号艇前本選手。

激しく続く1コース取り。こうしているうちにもスタートからの距離はどんどん短くなっていきます。

スタートまでの距離が短くなればエンジンをフルの状態でスタートを切ることができないだけではなく、普段と違う位置からのスタートでタイミングを掴むことが出来ないのです。

結果として、6号艇の宮地選手のスタート位置は100mを切りました。

1号艇前元選手も102mくらいからのスタート。

通常、120~130mの位置からのスタートとなります。

 

結果として2人が揃ってフライングとなり、レースは大混乱となりました。

 

なお、第一ターンマークを回った後にフライングの判定があり、他の選手がターンを目指す中、宮地選手と前本選手が戻っていく姿はとてもシュールでした。

風速5mの横からの風も影響したのでしょう。

 

今回のスタート事故(失格)はG1の優勝戦だったため、一定期間SG・プレミアムGI・GI・GIIレースの出走が出来なくなりました。死活問題となるスタート事故ですが競技場側からしても大きな損失となるので致し方ないかもしれません。

前日の最終レースでもフライング事故

開催5日目の最終12R。

ここでもフライングは起きていました。

篠崎元志選手と桐生順平選手が揃ってフライング失格となりました。

期待されていた2人に関わる舟券はすべて払い戻しとなり、売上金額に大きく影響が出たことでしょう。

3連単770円の払い戻しでしたが、フライングがなかった場合、4-2-5の3連単オッズは91.6倍と万舟券の一歩手前だけだったに当たった人も当たった気がしなかったことでしょう…。

優勝に恵まれた岡崎恭裕選手

2月に開催された週刊実話杯(一般戦)の優勝戦では3コースから1号艇のフライングに恵まれて優勝となりましたが、唐津周年記念競走においても恵まれて今年2勝目を挙げました。

今年、一番運のいい男かもしれません。

過去にはSG笹川賞でも優勝した経歴がある選手なので今年、さらなる活躍に注目です。

競艇で勝つ方法

ボートレースは競馬と違い、たった6艇の中から予想をするだけなのになぜだか当たりにくい印象を持っている人も多いはずです。

そもそも競艇において高額配当を当てることは可能なのでしょうか?

3連単の場合、全レースで1号艇を1着に固定をして予想し続ければ勝てそうですが、

インが最も強い徳山競艇場で実証した結果は回収率は92%に留まりマイナス収支となりました。


1号艇を軸に予想し続けた結果

しかし競艇で食いつないでいる人がいることも事実です。


そんな人達がどうやって競艇で勝ち続けているのか判明しました


一般人には不可能な膨大なデータの準備が必要だった!

初心者でもベテランでも誰でも簡単に勝つことができる方法なのでかなりオススメできます。

本当に勝ちたい人は上記のリンクをクリックして勝利のヒントをご覧ください。

完全無料メールアドレスと軍資金さえあれば超高確率でプラス収支にできる方法です。


 

無料勝てる競艇予想サイトランキングはこちらからどうぞ!
↓ ↓ ↓

結果
このページを教える
当たる優良競艇予想サイトランキング

コメント

  1. オリタマサヒロ より:

    どんどん激しい進入をしないと面白くない罰則も厳しすぎる売り上げなんて俺たちはかんけいないからね。(笑)もっと昔見たいのレースがないとつまらない。