競艇のインターネット即時投票 テレボートの説明

競艇の基礎・豆知識
スマートフォンで閲覧している方は画面を横にすると記事中の表が見やすくなります。

皆さんは競艇をする際、舟券はどこで購入していますか?

様々な舟券購入方法がありますがこの記事ではテレボートのメリットやデメリット、サービス概要について説明していきます。

競艇に必須の便利なテレボートとは?

まず、競艇はテレボートが主催として行われているわけではないので混乱しないようにご注意ください。

全国24ある競艇場ですが各開催地で行われるレースの施工者はそれぞれ異なります

大抵が所在している市区町となりますが一部の舟券購入から払い戻しまで、事業を委託してしています。

例えばボートレース福岡の舟券を北海道在住の人が購入するためにわざわざボートレース福岡の舟券売り場を北海道に設置、続いては全国に設置…としていると膨大なお金と時間がかかります。

そのため、電話投票とインターネット投票で全国のどこからでも舟券の購入ができるようになっています。

それを管理・運営しているのが東京都港区にある一般財団法人BOATRACE振興会という組織で、テレボートというサービスを提供しています。

http://www.boatrace.jp/

競艇で舟券を購入方法する方法

今ではどの購入方法よりも売上金額が高いテレボート。

競艇場や場外舟券発売場(ボートピア)では決められた競艇場のレースしか買えません。

全国どこでも購入が可能なのはテレボートだけです。

舟券を購入する方法をみていきましょう。

■競艇場の自動発払機で購入

桐生・戸田・江戸川・平和島・多摩川・浜名湖・蒲郡・常滑・津・三国・びわこ・住之江・尼崎・鳴門・丸亀・児島・宮島・徳山・下関・若松・芦屋・福岡・唐津・大村、全国24箇所。

各開催地で自動舟券発払機で購入することができます。

競艇場に行った時にはこの機械で購入している人がほとんどです。

しかし競艇場ではすべての競艇場のレースを購入することができず、せいぜい2~3場となります。

■ボートピア

場外舟券販売所で競艇場に隣接されていることも多いです。

その他に競艇場がない都道府県にも所在しています。

こちらも限られた競艇場のものしか購入することができません

なお、競艇場もボートピアも”全国販売“となるレース、主にSGや一部のPG1・G1などのレースの舟券は購入できるケースもあります。

■電話投票

テレボートが提供するサービスですが、インターネットの普及と同時に利用者が減っている印象です。

電話投票を利用する際は先に登録をしておき、レース当日に自動音声案内に電話をかけ舟券を購入する方法ですが登録に時間と手間がかかります

競艇場や各ホームページに“#05”などの表記がありますがこれは電話投票の時に使うナンバーとなります。

■インターネット投票

こちらも電話投票とどうよう、テレボートが提供しているサービスです。

会員数60万人を突破している競艇でもっとも使われやすい舟券購入方法です。

インターネット環境があればどこからでも簡単に全国の競艇場の舟券を購入することができます。

最近ではスマートフォンの普及から競艇場にいながらもインターネット投票をする人も増えています。

テレボート(インターネット投票)のメリット

テレボートは電話投票もありますがここではインターネット投票に限ってメリットを紹介していきます。

全国の競艇場の開催情報や出走表はもちろん、天候・展示情報・モーター情報・レース結果などすべてをこのテレボートから見ることができます。

さらに生中継の動画も見ることができるので、全国どこにいても舟券購入とレースを楽しむことが可能となります。

銀行口座と連動していて、あらかじめテレボートに軍資金を移してから舟券を買うという簡単な方法です。

また、締め切り時間ギリギリ(本場締切1分前)まで購入が可能なのでリアルタイムのオッズを見ながら購入するか否かを判断することができます

入会費・年会費などの手数料がかからない点も魅力的といえるでしょう。

テレボートのデメリット

舟券購入が気軽にできる分、強い自制心を持たないと余計なレースまで買ってしまうハメになります。

また、現金を持たないため負けが込んでくると何度も口座から資金をテレボートに移行してお金使いすぎてしまう人もいるので注意が必要です。

テレボートへの登録方法

テレボートには20歳以上であれば誰でも登録することができます。

パソコンスマートフォンから登録が可能です。

1点だけ注意が必要な点として、インターネット即時会員の会員登録には指定の銀行口座が必要になります。

・ジャパンネット銀行

・楽天銀行

・三井住友銀行

・住信SBIネット銀行

・三菱UFJ銀行

・りそな銀行

・埼玉りそな銀行

・福岡銀行

・広島銀行

・スルガ銀行

・じぶん銀行

・ゆうちょ銀行

申込みが可能な時間は8時30分から17時(ナイター開催時は20時30分まで)で登録時に必要なメールアドレスにリターンメール(登録完了メール)が届き、完了となります。

上記の口座を持っていない場合、まずはいずれかの銀行口座をインターネット上で作ることからはじめましょう。

口座開設まで時間は2週間前後かかってしまいますが開設さえできればいつでも舟券を購入することができるのでおすすめです。

テレボート登録ページhttp://www.boatrace.jp/bosyu/

テレボートを使って購入した舟券が当たった場合、払い戻しは登録している口座へとされます。

なお、購入に手数料はかかりませんがスマートフォンの場合はインターネット接続料がかかります。生中継などを見る場合はWi-Fi環境がある場所や各携帯会社のパケ放題などを契約してテレボートに接続するといいでしょう。

2018年11月20日までキャンペーン中

期間限定で新規入会Wキャンペーンが開催されています。

キャンペーン開催期間2018/10/5~2018/11/20

特典①:1,000円以上の舟券を購入すると商品プレゼント

記載のない銀行は対象外となります。

特典②:3,000円以上の舟券を購入すると抽選で1,500名に2万円プレゼント

当選発表:2018年11月20日(火)に下記サイトで発表

応募方法はテレボート会員になり、キャンペーンに応募を押すだけです。

(PC)https://tb-new.jp/
(スマホ) https://tb-new.jp/sp/

便利なテレボートを使って競艇をさらに楽しみましょう!

コメント

2019年2月に一番当たったサイト

前月の無料予想的中ランキング

SPEED

無料予想が見れるだけではなく、今なら期間限定で無料ポイントが更に1万円がもらえる勝つにはもってこいのサイト。オッズや舟券種類を分析し、当たることよりも回収することを大前提に当たる競艇予想を提供してくれる。過去の膨大な競走結果データやスタート展示情報を保有し、どこよりも当たる、そして勝てる予想を提供してくれる。

黒舟

期間限定で初回登録者のみに30万円勝てる予想をプレゼント。現地にスタッフを配備する徹底ぶりで、ボートレース初心者でも高い回収率を掴むことができる。特に一般戦の無料予想でコツコツ収支をプラスにしていく戦法がオススメ。

ブルーオーシャン

使えば大半の人が満足できる結果になるであろうブルーオーシャンは当サイトも認定するほどの優良競艇予想サイト。

堅い予想の的中率が高いことは驚くことではないが万舟券狙いの穴予想にも目を光らせているため一攫千金が狙えます。玄人・素人ともにオススメしたい競艇予想サイト。

舟王(ふなおう)

SG・G1といった高いグレードのレースの的中率・回収率が高く、すべての予想において細かい理論に基いて予想していることが素人目にしてわかる。3連単にこだわり、1点買い3千円投資で52,500円回収などの買い目を無料で教えてくれます。